ナレッジ 意味とビジネスで使う場面

「ナレッジ」(knowledge)は、一般的には「知識」「情報」を意味します。
ビジネス用語の「ナレッジ」は、「組織にとって有益な知識・経験・事例・ノウハウなど付加価値のある情報」のことを言います。

ビジネス用語:ノウハウ・スキル・ナレッジの違い

この3つの言葉が区別しにくいのは、ビジネスにおいて密接につながっているからです。

「ノウハウ」は手続き的知識とも言われ、何らかの作業をする方法や手順を知っていることを指します。
主に体験を通して得られるもので、言語化が難しくことが多いでしょう。一般的なビジネスシーンで使われる「ノウハウ」の意味には、仕事に関しての基本的な知識を指すことがほとんどです。

「スキル」は、物事を行うための能力や技能、資格のこと、訓練によって得られる、特殊な技能や技術のことをいいます。
仕事をする上での考え方や動き方で、ナレッジを具体化するにはスキルが必要な場合もあるし、スキルがあるから得られる特殊なナレッジもあります。ノウハウよりも、経験や理解度が深くなければスキルとはいえません。

・「ナレッジ」は知識のことなので、文章を読んで獲得することもできます。しかし、ビジネス用語の「ナレッジ」は、企業などの組織に有益であり付加価値がなければいけません。
アウトプットに結びつく「ナレッジ」は、「スキル」とのシナジーでより有益な知識になります。

ビジネス用語:ナレッジマネジメント

日本語でいえば、「知識管理」「知識共有」のことです。最近ではIT技術などを用いて、一人ひとりが持つ知識や情報を他の人と共有し、全社的な知識・ノウハウの向上と活用を図る経営手法のことを指します。
社員一人ひとりの「ナレッジ」も、企業の重要な知的財産として認識されるようになってから一般的になった手法です。

ナレッジの例文

・社内システムに、新規導入ソフトに関するナレッジをシェアします。
・知識やスキルを損なうことは企業の損失になるので、ナレッジマネジメントは重要です。
・スキルやハウツウを身につけていても、他の人に伝えることができないのであれば、それはナレッジまでは昇華されていません。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら