この記事では「同窓会における女性の服装」について解説いたします。

同窓会に呼ばれることがあった際に、どのような服装で行けば良いのかよく分からないという人も多いかもしれません。

そこで今回は同窓会の服装を選ぶときのポイントや、場所や年代別での同窓会の服装やコーディネート例を交えてまとめました。

この記事が同窓会に出席する際の参考になれば幸甚です。

同窓会の服装を選ぶときのポイント


この項目では、同窓会の服装を選ぶときのポイントをご紹介します。

せっかくの同窓会なのでおしゃれをして出席したいという人も多いでしょうが、同窓会の服装は一概には語れません。

一口に同窓会と言っても、会場や参加人数、あるいは顔ぶれなどによってそのフォーマル度は異なるというわけです。

例えば仲間内だけでのこじんまりとした同窓会では多少ラフな服装でも問題ないでしょうが、先生も出席されるフォーマルな同窓会で同じ格好をするのは望ましくないでしょう。

また居酒屋でワイワイと楽しむ同窓会と、レストランなどでの同窓会では選ぶ服装が変わってくるものです。

そこでここでは、会場別で同窓会の服装を選ぶときのポイントをまとめました。

居酒屋での同窓会の場合

居酒屋での同窓会の場合は、あまりにフォーマルな服装だと場の雰囲気からやや浮いてしまうかもしれません。

その一方で、せっかく久しぶりの面々と再会できる同窓会であまりにラフすぎる服装なのも気が引けることでしょう。

大人っぽくフォーマルな中にもカジュアルなこなれ感のある服装がバランスとしてちょうど良いといえます。

なお同窓会の参加者にもよりますが、例えばTシャツにジーンズ、靴はサンダルといったいかにも普段着のような服装は避けた方が無難です。

レストランでの同窓会の場合

レストランで開催される同窓会の場合、料理の形式は「半立食スタイル」や「ビュッフェスタイル」が多いのが特徴です。

その理由は、その方が移動もしやすく色んな人と話しやすくなるからでしょう。

つまり立って会話をするシーンがメインになので、上半身だけでなく全身のコーディネートに気を使った服装を心がけるとよりおしゃれで素敵な印象になります。

その反面、長時間立ちっぱなしになるのでヒールの高過ぎるシューズは避けた方が無難でしょう。

またバッグも小さめのショルダーバッグやクラッチバッグなどの方が、立食スタイルの会場では邪魔になりません。

ホテルや宴会場での同窓会の場合

ホテルや宴会場での同窓会であっても、パーティードレスやカクテルドレスである必要ありません。

ただしややフォーマルを意識した装いの方が会場の雰囲気には馴染みます。

ワンピースやセットアップスタイルのように華やかさが演出できる、上品でおしゃれな服装が良いでしょう。

なお会場によってはドレスコードの指定がある場合もあります。

一人だけ場違いな格好にならないように、事前に確認しておきましょう。

そのほかのチェックポイント

その場にふさわしくTPOをわきまえた服装を選ぶには、まずは同窓会の案内状によく目を通しておくことが良いでしょう。

そこで「どんな会場なのか」「どれくらいの規模なのか」「先生は招待しているのか」など、同窓会の雰囲気を事前に把握しておくことがポイントです。

例えば「どんな会場なのか」を前もって確認しておくことで、その会場にふさわしい格好を選ぶことができます。

また「どれくらいの規模なのか」(どれくらいの人数が集まるのか)や「先生は招待しているのか」という情報も、その同窓会の雰囲気を掴む上での重要な材料になるわけです。

「20代」におすすめの同窓会の服装・コーディネート例

この項目からは、年代別でのおすすめの同窓会の服装・コーディネート例をご紹介します。

先述のように「どんな会場なのか」によってふさわしい服装は大きく変わってきますので、会場別にそれぞれピックアップしました。

「20代」の同窓会では、卒業してから間もないということもあり「学生時代より大人っぽくて綺麗になった」と思われたいという女性も多いことでしょう。

その一方で、あまりに背伸びをした感じがするファッションはかえって逆効果です。

したがって、「20代」の同窓会では大人らしさと可愛らしさのバランスが取れた服装が良いかもしれません。

その会場にふさわしい適度な肌見せをするファッションも、「20代」の同窓会であれば女性らしさや若々しさがあります。

居酒屋編


居酒屋などカジュアルな会場では、着席スタイルかつ他の同窓生との距離が近いこともあり、トップスに視線が集まりがちです。

その為モノトーンの大人っぽいブラウスや、ピンクなどの明るい色のセーターなどが良いでしょう。

モノトーンのブラウスは上品さや大人らしさを、明るい色のセーターは華やかさや女性らしさを演出することができます。

レストラン編


レストランなどでは立食スタイルであることが多いので、全身のコーディネートを考えることが必要です。

例えばシンプルなノースリーブにワイドパンツを合わせることによって、学生の時よりも大人っぽくなった印象を与えられるでしょう。

また花柄のスカートとタイト目なセーターやカットソーの組み合わせも、とてもバランスが良いです。

ホテル編


ホテルなどが会場になっている場合は、総レースのワンピースを選べばラグジュアリーな空間と調和します。

少し深めのグリーンやネイビーなどのカラーであれば、より大人っぽい雰囲気になるでしょう。

秋冬シーズンなら辛子色のワンピースなどが、地味にも子供っぽくもならずおすすめです。

「30代」におすすめの同窓会の服装・コーディネート例

「30代」女性の同窓会の服装は、若々しさの中にも上品で大人の落ち着きを感じさせる、エレガントなコーディネートが理想的です。

可愛らしさと大人っぽさのバランスが適度であれば、良い印象を与えることができます。

居酒屋編


居酒屋などが会場なら、明るい色のトップスや花柄のあるワンピースなどが良いでしょう。

秋冬の季節であれば、花柄のワンピースにカーディガンを合わせることで控えめな上品さを表現できます。

レストラン編


レストランでは黒色のタイトなパンツスタイルにボウタイの大きなトップスを合わせると、綺麗なシルエットを作ることが可能です。

また落ち着いた色のバイカラーワンピースも、大人らしい落ち着きや上品さが感じられて良いかもしれません。

ホテル編


ホテルなどの会場では、少しくすみのある赤やオレンジなど暖色系のワンピースがおすすめです。

あまり派手にもならず、上品な女性らしさを表すことができるでしょう。

あるいはベイクドカラーなど落ち着いた色合いのワンピースにベージュの小物も会場の雰囲気と調和します。

「40代」におすすめの同窓会の服装・コーディネート例

「40代」では大人っぽさや上品さがしっかりと感じられる服装やコーディネートが良いでしょう。

居酒屋編


居酒屋などであれば、体型のカバーをしつつしっかりした印象を与えるシャツワンピースが着やすいかもしれません。

秋冬シーズンなら首回りを綺麗に見せてくれるVネックセーターがおすすめです。

辛子色であれば表情を明るく見せてくれる一方、そこまで派手にもならないでしょう。

レストラン編


レストランのような立食スタイルの会場では、ロングスリットの入ったワンピースに差し色になるプリーツスカートを合わせればお洒落な印象を与えられます。

あるいはシックな色味のトップスとスカートに、赤など明るいパンプスを組み合わせるのもアクセントが効いていて良いでしょう。

ホテル編


ホテルなどラグジュアリーな場になると、くすみのあるラベンダーのワンピースであれば華やかさを出しながら落ち着きもある雰囲気になります。

黒のバッグとパンプスと合わせるとアクセントがあってよりよく見えるかもしれません。

またレース素材のワンピースもエレガントな会場にもぴったりです。

その場合の色は明るめのネイビーなどが大人っぽさや上品さが感じられて良いでしょう。

「50代」におすすめの同窓会の服装・コーディネート例

「50代」の服装やコーディネートは、落ち着きや品性があるスタイルがメインです。

居酒屋編


居酒屋などのカジュアルな会場では、セットアップのパンツスタイルにカーディガンを羽織れば合わせやすいでしょう。

スカートやワンピースを着るなら、落ち着いた色のロングカーディガンとの相性が良いです。

レストラン編


レストランでは水色など落ち着いた色合いのきれいめなワンピースなどが合うかもしれません。

やや丈の長いものが着こなしやすく、大人らしさを演出することができます。

ホテル編


ホテルなどの会場なら華やかなワンピースやフォーマルスーツなど、知性や品性を感じられる服装が合うでしょう。

どちらも落ち着いた色合いのものに、小ぶりなネックレスなどをつけるとより綺麗に見えるかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

・同窓会は居酒屋やホテルなど様々な場所で開催される為、その会場に合った服装を選ぶ必要がある

・居酒屋では大人っぽくフォーマルな中にもカジュアルなこなれ感のある服装がバランスとしてちょうど良い

・レストランが会場なら料理の形式は「半立食スタイル」や「ビュッフェスタイル」が多いので、上半身だけでなく全身のコーディネートに気を使った服装を心がけるとよりおしゃれで素敵な印象になる

・立食スタイルの会場では高すぎるヒールは避け、バッグは小さめのショルダーバッグやクラッチバッグなど邪魔にならないものが良い

・ホテルや宴会場での同窓会ではフォーマルを意識した装いの方が会場の雰囲気に馴染み、ドレスコードの有無に留意しなければならない

・その場にふさわしくTPOをわきまえた服装を選ぶ上では、案内状で「どんな会場なのか」「どれくらいの規模なのか」「先生は招待しているのか」など、同窓会の雰囲気を事前に把握しておくことがポイント

・「20代」や「30代」では若々しさや可愛らしさと大人っぽさや上品さとのバランスが取れたコーディネートが望ましい

・「40代」や「50代」は落ち着きや品性があるスタイルに、お洒落になるポイントを入れると綺麗な印象になる