ビジネスシーンにおいて物をいただく際などに、「ご笑納ください」という言葉を聞いたことはありますか?

一体この「ご笑納」とはどのような意味なのでしょうか。また、ビジネスシーンで使う時にはどんなことに注意したら良いのでしょうか。

そこで今回はご笑納の意味とビジネスシーンでの使い方とその例文について紹介していきましょう。

「ご笑納」の読み方

まずはご笑納の読み方についてです。

読み方は「ごしょうのう」で、名詞の「笑納」に丁寧語の「ご」がついて、「ご笑納」という言葉になっています。

「ご笑納」の意味

次はご笑納の意味についてです。

よく相手に贈り物をする際には、「つまらないものですが」という表現をすることがありますよね。

「ご笑納ください」というのは、その「つまらないものですが」という意味の言葉で、相手にへりくだる際に使う表現です。

スポンサーリンク

「ご笑納」のビジネスでの使い方

それでは一体ビジネスではどのように使うのでしょうか。

このご笑納という表現自体は、比較的冗談を言い合えるほどの親しい間柄でないと、相手に対して軽薄な印象を与えてしまう恐れのある言葉なので、かしこまった関係の時には使うべきではありません。

特にビジネスレターなどのフォーマルな場面で使用することはないので覚えておきましょう。

「ご笑納ください」の目上の人への使い方

実際にこの表現を目上の方に使うことは失礼にあたるのか?ということについては様々な意見があります。
相手によってはそれを失礼と捉える人もいれば、そう捉えない人もいるというのが現状であるからです。

この事から、目上に対する場合にはよほど親しい関係ではない限り、使わないのが吉です。

ご笑納くださいと似た表現は他にもいくつかあるので、目上の人に「つまらないものですが」という意味でへりくだった表現を使いたい際には、以下の表現を使ってみましょう。

「ご笑納」の別の言い方や類語

「ご笑納ください」という言葉は相手によって使わないほうがいいケースがあります。

その場合には以下のような別の表現もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

・「お納めください」
・「ささやかではありますが、どうぞお受け取りください」

「ご笑納」と「ご査収」の違いと使い分け

新社会人にとっては、ビジネス用語というのは聞きなれないものばかりであるため、言葉の違いを理解しないまま使ってしまう時があるので要注意です。

そこでご笑納の意味をきちんと理解していない人がよく間違える言葉が「ご査収」です。

これらの言葉の違いは以下の通りです。

  • 「ご笑納ください」…つまらないものですが、笑ってお納めください
  • 「ご査収ください」…ご確認ください
  • よくよく意味を理解すると、意味は全く異なるもので使う場面も違うので、ぜひこのよくある間違いを起こさないように理解しておいてくださいね。

    「ご笑納」のビジネスシーンでの鉄板フレーズ・例文集

    次は実際のビジネスシーンで失敗しないための鉄板フレーズを紹介します。

    ぜひこれまで「ご笑納」をうまく使いこなせなかった人は、早速明日から実践で使ってみましょう。

    ・「こちらは弊社で栽培しているトマトでございます。よろしければご笑納くださいませ」
    ・「つまらないものではありますが、ご笑納いただければ幸いでございます」
    ・「ささやかではございますが、心ばかりのお品物をお送り致しましたので、ご笑納ください」
    ・「夏のご挨拶としてお中元をお送り致します。どうかご笑納いただけますと幸いです」

    特に2番目と3番目は鉄板のフレーズなので、今後のあらゆるビジネスシーンで使えるようにするためにも覚えておくと便利です。

    「ご笑納」のまとめ

    以上がご笑納の意味とビジネスシーンでの使い方と例文についてでした。

    中には、「ご笑納」という言葉自体を初めて聞いたことのある人もいたのではないでしょうか。

    以下の3つのポイント理解して、今後の仕事でご笑納を活用してみてください。

     

    ・目上の人に対しては使わない方が吉

    ・冗談を言い合える親しい関係柄の場合に使う

    ・「つまらないものですが」をへりくだった表現として使いたい場合に使う

    実際にはこの「ご笑納」という言葉すらも知らないビジネスマンは実は少なくないので、周りとの差をつけるためにはこのようなビジネス用語のボキャブラリーを持っていて損はないので、ぜひ今後のビジネスシーンで活用してみましょう。

    心理統計学から自己分析ができる! Future Finder