ここでは「パラダイムシフト」のについて解説しています。
またこの記事を通して、「パラダイムシフト」の語源や上の使われ方、また類義語や対義語についても学ぶことができます。

パラダイムシフトの意味と

空前絶後
「パラダイムシフト」とは、“その時代や分野において当たり前のこととして考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが”革命的に“もしくは”劇的に“すること“を意味する言葉です。

「パラダイムシフト」の「パラダイム(paradigm)」とは、「例」「模範」「典型」を意味する英単語で、「シフト(shift)」とは、「移し返す」「転じる」を意味する単語となります。
この単語2つが合わさり、“模範や典型(当たり前の考え方)”を“移し返す・転じる”ことを表す言葉となります。

私たち人類は長い歴史の中で、いくつもの「パラダイムシフト」を経験しています。
科学の分野においては、ガリレオの地動説、ダーウィンの進化論、ニュートンにおける万有引力の発見などが挙げられます。
いずれもその当時は「当たり前の常識」だと考えられていたことを覆すような発見であり、人々の概念や価値観を劇的に変化させた出来事だと言えるでしょう。

また、昨今においてはスマートフォンの登場が例として挙げられます。
固定電話から携帯電話へと変化を遂げた電話社会にさらなる革命を起こしたスマートフォンは、現在電子決済やSNS、ゲームや動画など本来の電話機能とかけ離れた分野でも役立ち、人々の生活に欠かせないものとなっています。

これも、大きな「パラダイムシフト」の事象だと言えます。

パラダイムシフトの語源

ゼロサムゲーム
「パラダイムシフト」の語源は、英語の「paradigm」にあります。
「paradigm」という言葉を作ったのは、アメリカの哲学者であるトーマス・サミュエル・クーンと言われています。

トーマスは、「科学革命の構造」と言う著書の中で「科学の歴史は常に累積的なものではなく、継続的に革命的変化するものだ」
と説いており、このことを「パラダイムシフト」と呼んでいます。

それが「パラダイムシフト」が“変化・革命”を表す言葉となった語源とされています。

身近なパラダイムシフトにはどんなものがある?

思いやりがある性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
私達の身の回りでも、パラダイムシフトは起きています。
身近なもので「以前は珍しかったのに、いつの間にか一般的になっている」というものがあれば、パラダイムシフトが起きたと言えるでしょう。

SNS上で自分や家族の写真をアップすること、実名でやり取りをする事などは以前では考えられないことでしたが、今やスタンダードと言えます。
これも一種のパラダイムシフトと言えるでしょう。

例えば財産や持ち物に関しての概念は、ここ数年で大きく変わりつつあります。
以前は「マイホームを買うこと」「車を所有すること」「新しい家電を手に入れること」などがステータスとされ、成功の象徴と見られていました。
何かを所有することに、満足感や幸せを感じるという見方が一般的だったのです。

しかし最近は他人と物を共有する「シェア」文化が浸透してきています。
特に都心では、ひとつの家に他人同士が住み家賃などのコストを分割する「シェアハウス」が一般的となってきています。
無駄なコストをかける必要がなく、一人きりになる事がないので寂しくない、というメリットがあるようです。

さらに近年急成長しているのが、民泊サービスの「エアビーアンドビー」です。

このサービスでは、オーナーとして登録すれば、自分の部屋の一室や別宅を宿泊先として提供することができます。
利用者はその中から好きな宿泊先を選び、オンラインでメッセージのやり取りを行なって予約等を行うことができるのです。
自分の家を他人に提供するという新たな発想のサービスでありながら、利用者は増え続けています。

パラダイムシフトが起こり、所有から共有への変革が起きてから数年が経過しており、現代の若者にとっては「シェアするのが普通」という感覚があるようです。

物やサービスに対する価値観はめまぐるしく変わっており、今後もさらなくパラダイムシフトが起きるかもしれません。
時代の波をうまく掴むことこそが、ビジネス成功のチャンスを掴む手がかりになると言えます。

パラダイムシフトのビジネス上での使い方

忍耐強い性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
パラダイムシフトはビジネス上でもよくつかわれる言葉です。
しかし、ビジネスにおける「パラダイムシフト」とは、トーマス・クーンが唱えた「パラダイムシフト」の意味とは大きく異なります。

ビジネスの上では「見方を変えること」「固定観念を捨てること」「常識を捨てること」で“アイディアを生み出す”ことを「パラダイムシフト」と言います。

例えば、へき地で携帯電話を販売しようとした場合、
「この地域では携帯電話を使っている人がほとんどいないので、売れないのではないか」

と思うのか、

「この地域では携帯電話を使っている人がいないから、爆発的に売れるのではないか」

と感じるのかということです。

「パラダイム(考え方・捉え方)」を「シフト(切り替える)」ことにより、今後のアクションを変える事が、ビジネスにおける「パラダイムシフト」となります。

パラダイムシフトのビジネス上の使い方としては、

  • ・広告業界は、SNSの時代へとパラダイムシフトしている。
  • フレックスタイム制が採り入れられた事も衝撃であったが、時代は今やテレワーク制(自宅勤務)へとパラダイムシフトをしようとしている。
  • 映画業界に起きたパラダイムシフトとしては、インターネット動画配信が普及したことが挙げられる。
  • 日本の医療は日進月歩で向上しており、「切らずに治す」治療法へとパラダイムシフトしている。
  • カーシェアリングは、日本の自動車社会における大きなパラダイムシフトだと言えるだろう。

などが挙げられます。

パラダイムシフトの類義語と例文

穏やかな性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
「パラダイムシフト」の類義語には、「革命」「発想の転換」「定説を覆す」「天地をひっくり返す」「常識の打破」などが挙げられます。
いずれも「物事が急激に発展・変革する」ことや「従来の常識を全く新しい物に替える」「物事の見方を変える」「別の観点から見る」という意味合いを持つ言葉となります。

「革命」の例文として、

・業績不振の今の会社を変えるためには、まず社員の意識革命が必要である。
・会議システムの導入、タブレット端末の活用など、社内IT革命が起きた。

などが挙げられます。

「発想の転換」の例文として、

・新商品のアイディアを生み出すには、発想の転換が必要である。
・社会が変わっていく中、行政の役割にも発想の転換が求められている。

などが挙げられます。

「定説を覆す」の例文として、

・彼女の仕事ぶりは素晴らしく、某大学の卒業生は使えないという定説を覆した。
・新商品のアイスクリームは、「アイスは夏の食べ物」だという定説を覆すヒット商品となった。

などが挙げられます。

「天地をひっくり返す」の例文として、

・彼は、当社の歴史において天地をひっくり返すほどの大事業を成し遂げた。
・彼の発言は、まさに天地がひっくり返るほどの衝撃だった。

などが挙げられます。

「常識の打破」の例文として、

・固定観念や常識を打破した、今までにない斬新で革命的な商品アイディアを求められている。
・彼の発言は、他の社員の常識を打破した。

などが挙げられます。

パラダイムシフトの対義語と例文

堂々とした人
「パラダイムシフト」の対義語として「模範」「典型」「プロトタイプ」が挙げられます。

「模範」とは、「習うべき手本」という意味を持つ言葉です。

「典型」とは、「規準となるもの」「代表例となるもの」という意味を持つ言葉です。

共に、“その時代の物の見方を支配する認識の枠組み“と言う意味では、「パラダイムシフト」の対義語だと考えられます。

「模範」の例文として、

・彼は彼の父を模範にし、警察官になりたいと願っている。
・彼の模範的な態度が上層部に気に入られる要因となっている。

などが挙げられます。

「典型」の例文として、

・彼は「ゆとり教育」世代の典型的な社員である。
・経年劣化は、この製品における典型的な特徴です。改善する必要があります。

などが挙げられます。

「プロトタイプ」の例文として、

・新車型のプロトタイプの画像がインターネット上で公開されている。
・他のシステムでは以下のプロトタイプが使用されている。

などが挙げられます。

パラダイムシフトの英語表現

単純な性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
「パラダイムシフト」の英語表現は、前述の通り「paradigm shift」です。

「paradigm shift」の例文として、

・The paradigm shift is very important in a business situation.
(ビジネスにおいて、パラダイムシフトは非常に重要だ)

 

・A paradigm shift has taken place in the field of artificial intelligence.
(人工知能研究の世界でパラダイムシフトが起きた)

などが挙げられます。

まとめ この記事のおさらい

  • 「パラダイムシフト」とは、“その時代や分野において当たり前のこととして考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること“を意味する言葉である。
  • 「パラダイムシフト」の語源は、英語の「paradigm」にある。
  • ビジネスにおける「パラダイムシフト」とは、「物事の見方を変えてアイディアを生み出すこと」「固定概念を捨てる」「常識を疑う」ことを示す。
  • 「パラダイムシフト」の類義語として、「革命」「発想の転換」「定説を覆す」「天地をひっくり返す」「常識の打破」などが挙げられる。
  • 「模範」「典型」「プロトタイプ」が挙げられる。
  • 「パラダイムシフト」の英語表現は、「paradigm shift」である。