今回は「初穂料(はつほりょう)」について解説します。

私たちは初詣以外にもさまざまな目的で神社を訪れます。たとえば厄年を迎えた人なら厄祓い、子供が生まれたという人ならお宮参りというように、私たちの生活からは欠かせない存在と言っても過言ではありません。

神社で祈祷やお祓いなどをしてもらう際に持参するのが、初穂料です。初穂料の持参の仕方には、金額やお金の入れ方など、いろいろなマナーがあります。それを押さえておくことで、清々しい気持ちで参拝ができることでしょう。

初穂料とは

初穂料とは、神社で祈祷やお祓いを受けたり、祝詞を上げてもらったりしたときに神社に渡す謝礼金のことです。

「初穂」はその年に初めて収穫された農作物のことで、もともとは米や穀物を奉納していましたが、しだいに野菜や果物なども奉納するようになっていきました。

しかし、時代の流れとともに初穂を奉納できない人が多くなり、初穂の代わりにお金を神社に納めるようになりました。これが初穂料です。

厄払いや七五三だけでなく、子供が生まれる前の安産祈願や生まれた後のお宮参り、または建物の建設の際に行う地鎮祭など、人々の暮らしのさまざまな場面で神社のお世話になりますが、そういったときにお金はすべて初穂料と呼ぶことができます。

初穂料と玉串料の違い

初穂料と似た言葉に、「玉串料(たまぐしりょう)」というものがあります。

「玉串」は榊の枝に紙垂を結びつけたもので、神様の依代として神主や参拝者が神前に奉納するものです。初穂料と同様、玉串を用意できない場合に、その代わりとして神社にお金を渡すようになりました。これが玉串料です。

初穂料も玉串料も、神社に納めるお金という点では共通していますが、異なっている点もあります。

まず、初穂料は先述のとおり、七五三や結婚式などの祝儀、厄払いや地鎮祭などの祈祷でお世話になったことに対する謝礼金です。また、神社でお守りや御札を購入したときに支払うお金も初穂料と呼ぶこともあります。

これに対し、玉串料は祝いの儀式や祈祷だけでなく、通夜祭や葬場祭といった不祝儀で神社にお世話になった場合にも奉納します。

初穂料の金額の目安

次に、初穂料のお金について解説していきます。多くの人が悩みがちなのが、初穂料として包む金額です。神社で何をするのか、あるいは個人なのか法人なのかによっても金額が異なってきます。

各祈祷やお宮参り、七五三の場合は、個人であれば5千円、法人であれば1万円が相場と言われています。結婚式は、ホテルや式場で神式の結婚式を挙げる場合は5万円、神社で式を挙げる場合は10万円が相場です。地鎮祭は、個人宅の場合は2~5万円、企業や団体の場合はそれ以上の金額が必要です。

神社によっては金額を設定しているところもあります。周囲の人と相談してもわからない場合は、神社に問い合わせてみましょう。

お札を入れる向き

お金の包み方ですが、基本的にはのし袋に包みます。地域によっては白封筒や茶封筒でも構わないという場合もありますが、特に指定がない場合はのし袋を用いるのが望ましいです。

たいていののし袋には中袋がついており、そこに紙幣を入れます。紙幣を入れるときには、中袋の表側に対して肖像画の描かれた面が来るようにしましょう。また、中袋の口側に肖像画の部分が来るように、左側から入れていきます。

新札でなくとも良い?

通常、結婚式などで贈る祝儀袋に包むお金は新札であるのがマナーです。しかし、初穂料に関しては、必ずしも新札である必要はありません。だからといって、シワや汚れだらけのものや、破れた紙幣を入れるのは望ましいことではありません。

ただ、初穂料がもともとその年に初めて収穫した農作物であることから、新札を用意するという人も多いです。新札を入れようと思ったものの用意ができなかったという場合には、アイロンが役に立ちます。低温でアイロン掛けすることによって、紙幣を傷めずにシワを伸ばすことができます。

初穂料の「のし袋」の書き方

のし袋を書く前の段階として、のし袋の選び方から確認しておきます。

のし袋は中袋と上包み、そしてそれらを束ねる水引で構成されています。水引にはさまざまな配色がありますが、祝儀の場合は水引が赤と白のものを選びましょう。ほかにも金色や銀色を使っているものも祝い事用に使えます。

注意したいのは、黄色と白の水引のものです。明るい色なので一見祝儀用のようですが、実は葬式などで使うためのものなのです。もちろん初穂料にも使用できません。

また、水引の結び方も、のし袋を選ぶ上で重要なポイントです。水引の結び方には、基本的に「結びきり」と「蝶結び」の2つがあります。結びきりは一度結んだらほどけないということで、一度しか使えません。したがって、結婚など一度だけでいいような祝い事やお悔やみ事のさいに使います。一方、蝶結びは繰り返しほどいて結び直すことが可能なので、何度でも繰り返してほしいお祝い事に使われます。

表書きの書き方

まずは、のし袋の上包みに書く「表書き」を書きます。水引をはさんで上側に「御初穂料(おんはつほりょう)」と書き、下側には祈祷やお祓いを受ける人の名前を書きます。「御初穂料」以外にも「初穂料」や「御礼」と書く場合もあります。また、名前はフルネームでも名字だけでもかまいません。

企業や団体の場合は、正式名称と代表者や社長の名前をフルネームで書きます。また、七五三やお宮参りの場合は、下側は子供の名前を書きます。厄払いなどと違い、こちらはフルネームで書くのが一般的です。

中袋の書き方

続いて中袋ですが、表側には包んだ金額を、裏側には祈祷やお祓いを受ける人の住所と氏名を書きます。たとえば、1万円を入れた場合は、表側に「金壱萬円也」と大字や旧字を用いて書くのが一般的です。「一」や「二」などと書くと、後から1本線を書き加えて金額を偽るという不正が起こるおそれがあるためです。

どこに書けばいいかわからないという人向けに、あらかじめ住所などを記入するための欄が印刷されているのし袋もあります。

のし袋の裏面は何か書く?

最後にのし袋の裏面ですが、ここには基本的に何も書きません。必要なことはすべて表側と中袋に書いてしまうからです。

しかし、価格の安いのし袋には中袋がついていないものもあります。もしそれしか用意できなかった場合は、上包みの裏面に金額と住所、氏名を記載しましょう。