基本的に、落ち着いている人はビジネスの場で好印象を持たれやすいです。

お客様の前でも緊張した素振りを見せずに対応したり、雰囲気が悪くなりがちなときも、変わらないテンションで雰囲気をなだめてくれたりする存在は、周りにとって助けになる事が少なくありません。

ここでは、落ち着いている人の特徴とはなにかや、落ち着ていることをビジネスに活かすためにはどうすればよいかを解説します。

落ち着いているの意味とは

「落ち着いてる」という言葉は、常にゆったりとしている様子をあらわした言葉です。

おさまることを意味する「オチ」と、安定することを意味する「ツク」が合わさったことで「落ち着く」という言葉が生まれました。

職場で人から「落ち着いているね」といわれた場合、よい意味での意味と悪い意味でいわれている場合の両方があります。

よい意味の場合は、プレッシャーのかかる場面でも緊張する様子を見せず、安心感を与えてくれるといった意味をあらわします。

プレゼンテーションなど、緊張して固くなってしまいがちなシーンで落ち着いて話ができると、緊張していたメンバーも落ち着いてくるものです。

一方で悪い意味の場合は、周りが熱量をもって仕事をしているのに比べて、冷めた様子に見える事を「落ち着いている」とあらわしている場合が考えられます。

目標に向かって燃えているメンバーがの中で、テンションの低い人物がやる気の感じられない言動をすると、水をさすことになりかねません。

よい意味でも悪い意味でも使われことがあるため、「落ち着いている」といわれた場合は、どちらの意味でいわれたのか見極めることが重要です。

落ち着いているの英語表現

落ち着きを表す英単語に「calm」があります。例として「彼は落ち着いている」は、英語で「He is calm.」と表現することができます。

「calm」は様々な意味を含んでおり、「穏やか」「静か」「和やか」「冷静な」「静粛な」などの意味を表現できることが特徴です。

人以外に対しても使うことができますが、一般的に人に対して使った際は、「落ち着いている」という意味を表現する単語です。

落ち着いているの類語・似た性格

「落ち着いている」の類語には、「穏やかである」「静かである」「和やかである」「冷静である」などがあげられます。

いずれの言葉も、「落ち着いている」という言葉の持つ様々な意味の一面をあらわしています。

穏やかであるとの違い

「穏やかである」といった場合、落ち着いているだけでなく、接したときの対応が柔らかい様子もあらわす言葉です。

静かであるとの違い

「静かである」という語の場合、「穏やかである」とは対照的に、温かさよりは、冷たさが感じられます。

「静か」という言葉自体にマイナスの意味はありませんが、「静かだ」と人からおわれた場合、相手はもっと熱い気持ちで仕事に取り組んでほしかったり、積極的に発言したりしてほしいと思っているかもしれません。

和やかであるとの違い

「和やかである」は、コミュニケーションが取りやすいという印象をあらわす言葉で、「穏やかである」に近い意味を持ちます。

気が短い人であれば怒ってしまいそうなシーンでも落ち着いており、優しい話し方をする人に使われやすいです。

冷静であるとの違い

「冷静である」は、「静かである」と近い意味の言葉です。熱い気持ちを持ちながらも冷静だという場合もありますが、冷たくて話しにくい印象を感じさせている可能性もあります。

上記のように、「落ち着いている」に似た性格は多くありますが、温かみがあるか、冷たい印象があるかという点が大きく異なっています。

「落ち着いている」といわれた場合、温かみと冷たさの両方を感じさせるという意味があるでしょう。

落ち着いている人の特徴

落ち着いてる人の特徴1:周囲に落ち着きを与える

落ち着いている人は、多くの場合他人にも落ち着きを与えています。

仕事をする上で、冷静さを保つことはとても大切です。締め切りなどで焦ってイライラしてしまうと、本来発揮できる力が発揮できず、ミスが増えて作ったもののクオリティーも低くなってしまいます。

冷静で正確な仕事をしてくれる社員ほど、会社が重宝する存在はありません。

どんなに締め切りが迫っていても落ち着いて仕事ができれば、焦ってミスすることもなく、余分な時間をかけずにいつ通りに仕事を終わらせることができます。

落ち着いてる人の特徴2:ときに、人をイライラさせてしまう

落ち着いている人は、周囲の人にも落ち着きを与えることが多いです。ところが、場合によっては、その様子が逆に、イライラを招いてしまうこともあるかもしれません。

例として、ある人が、仕事の上で大きなミスをしてしまったとき、会社の先輩や上司はミスした本人を注意するでしょう。

しかし、もしも注意を受けている人が落ち着いた様子であった場合、「反省していないのではないか」という疑惑を与えかねません。

常に落ち着いていることは仕事の上で重要な素質ですが、場合によっては人のいらだちを招いてしまう恐れもあります。

自分が落ち着いていると自覚している人は、周囲の人が自分にどのような印象を持っているのかを考えるようにするとよいでしょう。

落ち着いてる人の特徴3:大舞台でもいつも通りの力が発揮できる

落ち着いている人は、コンペの場など、大舞台でもいつも通りの力が発揮できることが多いでしょう。

普通なら緊張してしまうような場面でも冷静に、淡々と仕事がこなせる姿は、周囲の人から尊敬の的になりやすいです。

上司の発言に対してなにか疑問に思うことがあった場合、特に若手の社員の場合には質問をしたり、意見を述べたりという行動をためらうことが多いでしょう。

しかし、落ち着いている人は、緊張の場面でも気負うことなく、上司に対し発言をすることができる人が多いです。

落ち着いているという性質は、うまく生かせば周囲からの評価を高めるのにも効果があります。

落ち着いてるの特徴4:ミスが少ない

普通であれば、締め切り前は焦ってミスが増えるものですが、落ち着いている人は、締め切り前でも焦ることなく、ミスなく仕事を進めることができます。

なにかを納品する場合、普通は一人で作って終わりではなく、納品前に誰か別の人がチェックします。

チェック作業には、最終的にお客様に渡せるクオリティーに仕上げるために重要な意味があるため責任も重大ですが、そんな重要な仕事に適任なのが、落ち着いている人です。

自分が納品するものを作るときも、ミスが少なく優れた資質を発揮しますが、他の人の作ったものをチェックするときには、さらに真価が発揮されるでしょう。

落ち着いてる人の特徴5:ちょっと人と違う雰囲気がある

落ち着いている人は、多くの人が焦ってしまうシーンでも普段通りの様子だったり、皆が盛り上がっているときでも一緒に盛り上がるのではなく、どこか冷めていたりと、周囲に迎合せずに自分を貫く傾向があります。

よい意味では「なにかすごいことをやってくれそう」という期待感を高めてくれる特徴です。

「普通の人では思いつかないことを思いつくのではないか」あるいは、「普通の人はミスしてしまうような場面でも、この人ならミスをせずにこなせるのではないか。」などとプラスに見てもらえることは多いでしょう。

悪い意味では、チームミーティングなどでに、チーム一丸となりたいところ、少し冷めた雰囲気を出してしまいがちなのも落ち着いている人の特徴です。

心から盛り上がった気持ちになれないとしても、ある程度そのような素振りを見せることは、周囲に誤解されないためには重要かもしれません。

落ち着いてる人との付き合い方

落ち着いている人と付き合うときは、偏見を持たずに接することが大切です。

落ち着いているように見えて、実は内心は落ち着いておらず、焦っている人というのもいるため、決めつけないことが大切です。

ある程度長く付き合っていくと、本当に落ち着いているのか、見た目だけ落ち着いているのかは分かってきます。

落ち着いている人は、どんなときも冷静に見えるため、あまり熱意を持っていないのではないかという誤解を持たれがちです。

しかし、実際には心の中では熱い気持ちを持っていることも少なくありません。なにを考えているか分からない場合、本人に意志を聞いて確かめることも大切です。