子供っぽい人間というのは、ビジネスの世界ではあまり頼もしく感じる事はありませんが、あえて柔軟に考えてみると「純粋」「童心」「無垢」などの社会の既成概念に捉われない発想をできる人間とも見ることができます。

ここでは「子供っぽい」性格の特徴と、会社の同僚としての付き合い方を解説いたします。

子供っぽいの意味とは

子供っぽいとは具体的にはどのような人の事いうのか、まずは子供っぽいの意味について解説していきます。

「~っぽい」とい事からますは考えてみますが、「~っぽい」という意味は「~の傾向が強い」または「~の要素が多い」といった意味になり接尾語の中にはいる表現になります。

したがってそれらの事を合わせて考えると「子供の傾向が強い」「子供の要素が多い」というきちんとした日本語になり、分かりやすくなります。

ビジネスの世界では「子供っぽい人だ」「子供のような人だ」というフレーズがたまに出てきますが、率直にいいかえると「大人になれていない」ということになります。

子供っぽいの英語表現

子供っぽいの英語の表現では“childish”(チルデッシュ)という単語のみでその表情を表すことができます。

形容詞的な表現では“like a baby”(ライク ア ベイビー)といったシンプルな表現もあります。

“childish”の方がどちらかというとビジネスの世界では使われている表現で、ネガティブな意味での子供っぽい表現の時に使われます。

ポジティブな意味での子供っぽいでは“childlike.”(チルドライク)といったものになり「子供らしい」「子供のような~」といった意味になり、こちらは日常の穏やかなシーンで使われる事が多いです。

子供っぽいの類語・似た性格

子供っぽいの類義語では、子供じみた、大人げない、年甲斐もない、などが同じような意味の言葉になります。

どれも幼さや幼稚さを表した言葉で、ビジネス用語としてはやや見下している表現になり、嫉妬を感じている様な場面でも使われている言葉に聞こえます。

子供っぽいではポジティブな意味でも読み取る事ができますが、類義語の例ではあまりポジティブな意味ではなくネガティブな表現となっていて、「子供っぽい」という言葉の方が柔らかい表現となっている事がわかります。

大人げないとの違い

大人げないでは、大人としての思慮分別がない、大人らしくない、といった意味になり子供っぽいという表現よりも大人としての成長の足りなさや乏しさが含まれていて、子供っぽいとよく似ていますが、ポジティブな意味で捉える事はできません。

会社において大人げない人では、後輩などに嫉妬してしまい何か嫌がらせや邪魔をするような人間などの事を指し、大人げない人間は企業にとっては何のメリットもありません。

年甲斐もないとの違い

年甲斐もないの意味では、年齢にふさわしくなく愚かである、という意味になり子供っぽいと比較すると自分自身に対して愚かさである事を反省する表現の時に多く使われる事になります。

企業の中での年甲斐のない人間では、上司が部下を感情的に起こったりわめいたり、動揺してしまい子供の様にかんしゃくを起こしてしまう様な人間をイメージする事ができます。

また、年齢も50代~60代の上司などがそのような感情的になって自分で自分をコントロールできなくなってしまった時に使われます。

 

子供っぽい人の特徴1: 既成概念にに捉われない考えができる

子供っぽいの特徴では、子供の考えに近い思考や考えを持っている大人なので、既成概念にに捉われない考えをする事ができる大人と言えます。

そのため、ビジネスの世界や企業の中では思ってもみなかったようなアイデアや考え出るといったメリットがあります。

企業では大人中心の考えや利益中心の考えしかできなくなってしまうと、返って良い商品や良いサービスは生み出しにくい環境に陥ってしまいます。

そこに子供っぽいと言われる人間が何人かいる事によって、他の企業では考え付かない商品やサービスを生み出す事ができ、企業にとっては大きな存在になってくれる素質の持ち主と言えます。

特にクリエイティブな職種では子供っぽい事が財産でもあるような企業もあり、会社の中の作りや環境も遊び場の様な職場なども今では珍しくありません。

デザイナーやゲームクリエイター、子供のグッツ開発、玩具メーカー、子供向けの漫画編集者、などの企業では子供っぽい人の方が活躍できる場合が多いです。

子供っぽい人の特徴2:子供目線で考える事ができる

学校の先生や教師などの職業で大人の考えや物の見かたしかできない人がなってしまうと、生徒からもあまり信頼をされる事がなく、大人中心の都合でしが動く事ができなくなってしまいます。

子供っぽいのポジティブな意味では、子供目線で物事を考える事ができて学校の先生、特に小学校の先生などに向いている性質や素質を大きく含んでいます。

子供目線で考える事ができれば、生徒のわずかな変化や顔色などにも敏感にわかりいじめや何かの悩みなどにも直ぐに発覚し解決できるケースがあります。

あくまでポジティブな意味での“子供っぽい”になりますが、教育現場ではそのような子供の気持ちがすぐに分かる人の方が向いています。

また今の教育の現場では、先生のやるべき仕事が増えてしまっていて勉強を教えるだけではなく、生活指導や部活、クラブ、保護者の対応など様々な仕事をこなしていて、大人中心の考えや損得勘定といった思考が凝り固まってしまう仕事場になりつつあります。

そこで既成概念に捉われない人間や独創的な考えの人間は、職場環境の改善なども大胆に実行してくれる持ち主であるとも言えます。

子供っぽい人の特徴3:チームの盛り上げ約を出来て人からも親しまれる

企業ではチームでプロジェクトを進めていく場合が多いですが、子供っぽい人間はチームの盛り上げ役やムードメーカーなどにも向いています。

盛り上げ役やムードメーカーなどは企業のチームや部署にはいた方がメリットになる時もあり、会社全体の勢いや盛り上がりなどのパッションの部分で大きく会社に貢献する事ができます。

ただ、一概にムードメーカーなどになれるかどうかは言い切る事はできませんが、ムードメーカーや盛り上げ役の人間は、恥ずかしい気持ちなどの羞恥心が足りないといった部分もありメリット、デメリットにもなっています。

その他にも子供っぽい人は、明るい性格を持ち合わせている人が多く会社の上司や部下から慕われるなの特徴もあり、人間関係などの人付き合いが得意な一面も持ち合わせています。

 

 

子供っぽい人の特徴4:トラブルを起こしやすく、何かと問題児的な存在

マイペースでわがままな事が子供っぽい人のデメリットになりますが、前述の同類語でも紹介した子供染みた性格まで行ってしまうと、社内でのトラブルや大きな問題を起こしやすいといった特徴も持ち合わせてしまいます。

かなりネガティブな状態の子供っぽいという事になりますが、社内ではそのような人間がまれにいる事もあり、企業にとっては厄介者扱いとなります。

例を出すと遅刻の常習犯であったり、同僚とのたわいもない事でのケンカ、連絡ミスといった細かな事ができないといった特徴があり、ポジティブな意味の子供っぽいとは大きな開きがあります。

また、自分の感情をコントロールできないといった特徴もあり、先ほど紹介した年甲斐もない人に当たりますが、子供っぽい人間は突然ムキに怒り始めたりする人間もいます。

わがままで感情をコントロールできないので、社内の中ではブラックリストに載ってしまう事になります。

子供っぽい人との付き合い方

子供っぽい人の特徴などをメインに紹介してきましたが、社内での子供っぽい人と付き合う場合では長所を伸ばし短所を直すように付き合っていけば、上手く付き合える様になります。

クリエイティブな人材を求める企業にとっては、大人の凝り固まった考えなどは不要で子供しか考え付かないようなアイデアが求められてきます。

その時に、子供っぽいというデメリットやネガティブな特徴だけを見てしまっては、その人の長所を伸ばすことができません。

そのため、子供っぽい事でのデメリットなどを指摘して行きながら付き合う事で、徐々に改善されていきメリットだけが残るような人材になって行きます。

日常での具体的な付き合い方でも同様で、遅刻やトラブル、連絡ミスなどをする同僚がいるのならばきちんと指摘してあげる事で、子供染みた性格や大人げないといった部分が修正され、人の良さや独創的なアイデアを出せる人材になって行きます。