アクティブというと、常に落ち着きがなくフラフラしている印象もあります。
しかし、中には常に行動的に物事を進める事が出来る姿をうらやましいと思う方もいるでしょう。

ここでは、アクティブという言葉の意味や口だけとの違い、アクティブな人にはどんな特徴があるのかをご紹介していきます。

アクティブの意味とは

「アクティブ」とは、積極的や能動的という意味で集団の中でも指示を待って動くというよりかは自分からこうしたいという主張をして動いていくタイプの事をさします。

基本的には良い意味で使われる事が多いでしょう。ただし、一方で色々な事に対して動きすぎてフラフラしている印象もあるかもしれません。

しかし、アクティブとは基本的に行動できるタイプの人につけられる称号になります。そのため、ビジネスにおいては誉め言葉として「あの人はアクティブだよね」と使われる事が多いです。ビジネスをやるうえでは机上の空論は役に立ちません。常に行動し続ける事でしか成果は出ないため、もしアクティブだと言われたら誉め言葉として言われているととらえて間違いないでしょう。

また、アクティブというのは行動性もそうですが、性格が明るく周りにも影響力をもたらすタイプの人に言われがちです。そのため、言われたことをすぐにやってくれるというよりはドンドン自分でやるべきことを考えて動いてくれるタイプの人を指すことが多いです。そして、その結果周りを巻き込みより大きな成果を上げる事が出来る人間である場合が多いです。

ここまでの説明の中で分かるかと思いますが、基本的にプラスのイメージがある言葉です。”

アクティブの英語表現

アクティブの英語表現は、「active」「actively」などが使われます。場合によっては「lively」という言葉がそれにあたる事もあります。
「You are very acitve.」「You are so live person.」「He move actively.」

エネルギーが溢れている状態を指して「energetically」などという表現を使う事もあります。
「She work energetically.」

アクティブの類語・似た性格

アクティブと似たような表現としては、活動的・積極的・行動的・能動的・活発などという言葉があります。いずれにしても良い意味でつかわれる場合がほとんどです。
やはり、自分で考え行動出来る人材はいつの時代も評価をされるという事でしょう。

アクティブと口だけの違い

アクティブというのは言葉だけではなく行動で背中を示して周りを引っ張っていくタイプの人間です。

それに対してよくありがちなのが、「口だけ」というタイプの人間です。彼らは評論家や分析家などと言われる事もありますが、ようは口にはするが行動に移せないタイプです。さきほど紹介したようにアクティブな人は周りにも良い影響を与えてドンドン物事を前に推し進めていく力がありますが、この口だけの人は言うだけ言って自分は責任をとったり、行動したりしないのであまり尊敬をされたり好かれる事はありません。よっぽど他の人が思いつかないようなアイデアを出せれば別ですが、基本的にはそれも若い頃に動きまわっていたタイプの人が出すことが多いです。

2つのタイプの違いは自分がやるか、それとも他人にやってもらうかの違いです。
ただし、一般的に口だけの人間には誰もついてこないので口だけの人の下には誰もついてきません。それどころか良い事を言っている割には成果を出せないので、むしろ信用を失う事になりかねません。

この2つの難しいところは表裏一体で少し気を抜くとすぐに「口だけ」になってしまう事です。
逆に口だけの指示で動いてくれる部下や取引先が出てきたのであればそれだけ今までの働きが認められたという事になります。
とは言え、やはり自分で動いて現場の情報をすいあげないと正しい判断が出来なくなりますので、基本的にデキるビジネスパーソンほど自分でやろうとします。

ただし、このアクティブタイプの人が注意する必要があるのは全てを自分でやろうとしてしまう傾向があるという事です。もちろんやらないよりも良いですが、場合によっては独りよがりになって「独りぼっち」になってしまう事もあるので注意が必要です。

アクティブな人の特徴:考えるより前に行動

アクティブな人たちは行動をしてその結果得られた成果を元に改善をした方が物事を進めていくうえでは早い事をしっています。そのため、非常に手が早いです。
また、中には考えずにひたすら前に前に進むだけの人もいるでしょうが、最もビジネスパーソンとして強いのは、基本は考えるより動く方が早いけど、キチンと反省をして振り返り考える習慣を持っている人です。行動できる人が改善まで完璧にやりのけたらもはや頭で考える人は太刀打ちできる要素がありません。

逆に行動が早いので周りの人には間違いやミスが多い事も印象としてはあるかもしれません。それも当の本人は正解により近づくためのステップに過ぎないので全く気にしていません。それが成長の糧になるか、単に失敗で終わるかはその人の改善能力によります。このタイプの人が出世するかどうかはある意味この改善能力にかかっていると言っても過言ではありません。間違えてはいけないのは先ず行動がある事です。”