日常でもビジネスシーンでも時々耳にする「片手落ち」という言葉は、字からしてよいイメージを持っていない人もいるでしょう。実際に、正しいを誤解している人も多い言葉でもあります。

ここでは、「片手落ち」の正しい意味、放送禁止用語になっている理由、由来・語源、例文、英語表現、類語・対義語などを解説します。正しい意味を理解して、コミュニケーションに役立てることが出来ます。

片手落ちは差別用語なの?正しい意味とは

「片手落ち」は、「片手」「落ち」と区切って、不適当な表現に感じる人もいます。しかし、「片手落ち」は、正しくは「片」「手落ち」と区切られる言葉です。

正しい「片手落ち」の「片」は、「片手間」「片意地」などと似ています。

「片」は“片方”や“一方”の意味があり、「手落ち」は、方法や手続きなどに不十分な点があることや、不十分な点を意味してます。

上記の事から正しい「片手落ち」の意味は、一方に対する配慮が欠けていることや、配慮が欠けている様子を意味する言葉です。

放送禁止用語になっている理由

「片手落ち」が放送禁止用語になっている理由は、言葉の意味ではなく、不適切な意味を誤解させる表現であるためです。

放送禁止用語になっているということだけを知っていると、余計に「片手落ち」に悪いイメージを持ってしまう人もいるでしょう。

放送禁止用語は、法的に放送で使用を禁止された言葉ではありません。テレビ局がクレームなどの対策として定めたガイドラインでしかないため、一般の人の言葉の使い方までを禁止しているわけではありません。

「片手落ち」の意味を正しく理解している人の中には、「片手落ち」が放送禁止用語であれば、「手落ち」そのものや「おいしいものに目がない」、「聞く耳を持たない」なども禁止すべきではないかという議論もあります。

放送禁止用語の中には差別的な用語もありますが、「片手落ち」のような差別的用語以外は、古くから使われている日本語です。放送禁止用語になることで使われなくなり、死語になってしまうことをする人もいます。

片手落ちの由来と語源

「片手落ち」の語源は、「片落ち」といわれています。「片落ち」にも、一方をひいきにすることで、「片手落ち」と同じ意味があります。

もともとは「片落ち」が古くから使われていましたが、「片」からイメージして「片手落ち」という言葉が派生し、明治以降から使われるようになりました。

片手落ちの例文

片手落ちにならないように、見極めには注意してください。
今回の事故は、準備が片手落ちだったために起こったといえるだろう。
試験勉強が教材を読むだけでは、片手落ちだろう。
片手落ちな処理のせいで、結果的に不公平な対応になったのでしょう。
片手落ちな裁きで、無罪放免まで20年の人生を無駄にしたとは信じがたい。

片手落ちの英語表現

「片手落ち」を英語に直訳することはできません。

しかし、一般的な「片手落ち」の英語表現は、「不公平」の意味で「unfair」や「unfairness」が使えるでしょう。

より一方に偏ったことを強調したい場合は「one‐sided」や、不十分という意味であれば「not enough」でも表現することができます。

片手落ちにならないように、見極めには注意してください。
You should judge on this carefully that you won’t be unfair.
片手落ちの取り決めで、A社が不利益を被った。
Because of the one-sided agreement, A Company has been suffered disadvantages.
試験勉強が教材を読むだけでは、片手落ちだろう。
It is not enough as a preparation for exam just to read text books.

片手落ちの類語・対義語

「片手落ち」の類語には、「不完全」「不十分」「不用意」「不公平」「不備」「漏れ」「欠け」「欠損」「欠陥」「不良」「不足」「欠落」などがあります。

シーンに合わせて、「片手落ち」のいい換えに使うことができます。

対義語には、「完璧」「完全」「円満」「文句なし」などがあります。

片手落ちの類語を使った例文

不完全にならないように、見極めには注意してください。
今回の事故は、準備が不十分だったために起こったといえるだろう。
試験勉強が教材を読むだけでは、不用意だろう。
不備がある処理のせいで、結果的に不公平な対応になったのでしょう。
不公平な裁きで、無罪放免まで20年の人生を無駄にしたとは信じがたい。

片手落ちの対義語を使った例文

完璧な見極めで、計画が成功をおさめました。
今回は準備が完璧だったので、事故は起こりませんでした。
文句なしの試験勉強をしたため、合格に結びつきました。

片手落ちについてのまとめ

  • 「片手落ち」は、「片・手落ち」と区切られ、正しい意味は、一方に対する配慮が欠けていることやそのさまを意味しています。
  • 放送禁止用語になっている理由は、「片手落ち」を誤解している人が多いことや不適切な使用を連想させるためです。
  • 「片手落ち」の由来・語源は、「片落ち」といわれています。
  • 「片手落ち」の英語表現では、「unfair」「unfairness」「one‐sided」「not enough」などを意味に合わせて使い分けるとよいでしょう。
  • 「片手落ち」の類語には、「不完全」「不十分」「不用意」「不公平」などがあります。
  • 対義語には、「完璧」「完全」「円満」「文句なし」などがあります。