ビジネスメールでもよく使う「この度」という言葉は、なにげなく使っている人も多いでしょう。意味をしっかり理解して、他の言葉と使い分けなければ誤解を生むこともあります。ここでは、「この度」の意味と、例文や英語表現、似ている言葉との違いをご紹介します。正確なコミュニケーションで、ビジネスをスムーズに進めることができます。

「この度」はどのような場面で使う言葉?意味と使い方

「この度(このたび)」とは、現在進行形の今の状況、もしくはごく最近起こった状況をさす意味があります。そのため、「今回」や「今度」などと置き換えることもできるでしょう。

使い方としては、「この度」で時間的な経過を正確にあらわすことよりも、話の前置きや切り出しとして使われることが多い言葉です。会話の中の「さて」などと似ている使い方でしょう。
フォーマルなシーンでの挨拶や自己紹介などで「この度(は)~」と切り出すと、唐突な印象がなく丁寧な表現になります。「この度」自体は敬語ではありませんが丁寧な表現であり、前後の文章を敬語にして組み合わせれば、目上の人に対しても使うことができます。

「この度」は、漢字表記にすると「此の度」「此のたび」とすることができます。しかし、「此」の漢字は古く一般的には使われないので、「この」はひらがな表記の方が自然です。

また、「このたび」とすべてをひらがな表記にすることもできます。実は、文化庁のでは、「事」「時」「所」などの形式名詞はひらがなでの表記を推奨しています。「度」も「時」を表す形式名詞なので、本来は「このたび」というひらがな表記の方が正しいといえます。

参考: 文化庁「当用漢字改定音訓表(案)」(部会報告)

しかし、ビジネスシーンでは一般的には「この度」と表記されることが多く、ひらがなの「このたび」ではカジュアルな印象を受ける人もいるため、表記はシーンに応じて使い分けるのが無難でしょう。

「この度」はいつ・どのくらいの時間をあらわすか

先に紹介したように、「この度」は今の状況、またはごく近い過去に起こった状況について使います。

切り出すための枕詞として使われることも多く、厳密にどのくらいの時間のことかを意識するよりも違和感のない使い方を心がけるといいでしょう。

この度をつかってはだめな場面と相手

「この度」は、まれに近い未来に確実に起こる状況をさすこともあります。「この度」が相応しくない場面は、遠い過去、または未来の状況を指したい時の表現には使えません。
また、「この度」は丁寧な表現なので、親しい間柄の人との会話で使うと距離感を感じてしまうでしょう。

「この度」をつかった例文

「この度」は、冠婚葬祭の挨拶やスピーチでもよく使われます。

○○さん、○○くん、この度はご結婚おめでとうございます。
この度は、○○さまの訃報を伺い、たいへん驚いております。誠にご愁傷様です。

ビジネスでも、さまざまなシーンで使われるでしょう。

・この度は弊社の求人募集にご応募いただきまして、誠にありがとうございます。
・この度は、○○の件でご配慮いただき、感謝の言葉もございません。
・この度はお忙しい中、ご足労いただきまして、ありがとうございます。

「この度」の英語表現

「この度」の意味からいうと、英語では“now”、“at this time”、“on this occasion”などとすることができます。
しかし、たとえば例文の「この度はご結婚おめでとうございます。」を英語表現にする時には“Congratulations on your wedding!”というのが一般的で、わざわざ「この度」を英語で訳すことは少ないでしょう。

「この度」と「今度」、「今回」の違い

ビジネスシーンでは、「この度」に似ている意味合いの「今」を使う言葉「今度」や「今回」もよく使います。

「この度」…今、近い過去
「今度」…最も近い将来、最近、この頃
「今回」…今行われている回、現在
「この度」は今や近い将来、「今回」は今をさしていますが、「今度」は未来をさす違いあります。

だいたいの場合、「この度」は「今回」で言い換えることはできますが、「今度」では言い換えが成立しないでしょう。
たとえば、「この度はおめでとうございます。」は「今回はおめでとうございます。」ともいえますが、「今度はおめでとうございます。」では意味が成り立ちません。

「この度」と「昨今」の違い

「昨今」とは、このごろ、きのうきょうの意味があります。
「この度」は今と近い未来を意味しますが、「昨今」は近い過去と今、どちらもさしています。

「この度」と「先日」の違い

「先日」は、過ぎた日や近い過去の日を意味しています。一般的には、数日、数週間、数か月の範囲のことに使うでしょう。しかし、昨日や一昨日をさして「先日」とはいわないでしょう。

「この度」と「今般」の違い

「今般(こんぱん)」は、このたび、今回、今度などの意味があります。最近決まったばかりのことや行われたばかりのことについて使われるでしょう。

「この度」と意味合いはほぼ同じですが、状況に使うかものごとに使うかの違いがあります。

また、「今般」は、「この度」よりも堅い印象の言葉で、ビジネスシーンではフォーマルな書き言葉として使われることが多いでしょう。

この度のまとめ

  • 「この度(このたび)」とは、現在進行形の今の状況、もしくはごく最近起こった状況を指す意味があります。
  • 使い方としては、「この度」で時間的な経過を正確に表すことよりも、話の前置きや切り出しとして使われることが多い言葉です。
  • 英語の「この度」は“now”、“at this time”、“on this occasion”などですが、英語で訳すことは少ないでしょう。
  • 「この度」は今や近い将来をさすのに対し、「今回」は今、「今度」は未来を指す違いがあります。
  • 「昨今」は近い過去と今、どちらも指し、「先日」は過ぎた日や近い過去の日、「今般(こんぱん)」は、このたび、今回、今度などの意味があるでしょう。