エスポワールは、日常ではあまり使うことのない言葉であるため、知らなくても特に問題ありません。しかし、普段使われない言葉をよく知っていれば、教養がある人だなと思われるでしょう。

ここではエスポワールの意味や、エスポワール以外にも、同じ意味を持つ各国の言葉を解説します。

エスポワールの意味は希望

エスポワールは「希望」という意味のフランス語の単語で、スペルはespoirです。

エスポワールはポジティブな言葉であるため、お店の名前など様々な場面で用いられています。

エスポワールの他の言語でのいいかえ

ホープ(英語)

エスポワールを英語圏の人に説明するときに、hopeのことだといえば伝えることが出来ます。

hopeは動詞でも用いられ、希望するという意味以外に、期待するという意味でも使われます。

スペランツァ(イタリア語)

スペランツァのスペルはsperanzaです。スペイン語のエスペランサとよく似ているという特徴があります。

イタリア語のスペランツァも、スペイン語のエスペランサも、女性名詞であるという特徴があります。しかし、フランスでは同じ希望という意味を持つ単語のエスポワールは、男性名詞です。

ホッフヌング(ドイツ語)

ホッフヌングのスペルはHoffnungです。ドイツ語では名詞の最初の文字は大文字で書くという特徴があります。

ドイツ語のホッフヌングもイタリア語やスペイン語と同じく女性名詞であるため、覚えておくとよいでしょう。

エスペランサ(スペイン語)

スペルはesperanzaと書きます。eがついているかどうかの違いだけで、イタリア語のスペランツァと発音だけではなく、スペルまでほとんど同じである女性名詞です。

シーワン(中国語)

中国語でシーワンは、日本語と同じく希望と書きます。中国語の希望は、日本語と漢字が同じで覚えやすいのが特徴です。

エスポワールについてのまとめ

  • エスポワールはフランス語の単語であり、スペルはespoirで、意味は「希望」です。
  • エスポワールは縁起のが良くオシャレな言葉であるため、お店の名前や漫画などで使われています。
  • 希望を指す言葉は各国にあります。英語はhope(ホープ)、イタリア語はsperanza(スペランツァ)、ドイツ語はHoffnung(ホッフヌング)、スペイン語はesperanza(エスペランサ)、中国語は希望(シーワン)です。
  • エスポワールは男性名詞ですが、スペランツァ、ホッフヌング、エスペランサは女性名詞です。