打てば響くの意味

打てば響くとは、なにかを打つとすぐに響いて音が返ってくる様子から転じて、なにかいったことやしたことに対して、すぐさま反応が返ってくることを意味したことわざです。

衝突や反響は日常的なものであるため、馴染みやすく、日常的に使われる言葉です。

打てば響くのビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでも、スピーディな対応はミスの修正から業界の変化の対応に至るまで最重要のテーマであるため、打てば響くは使いどころが多い言葉です。

俗にホウ、レン、ソウともいいますが、実際に声に出してみたりするのも大事であるため、「打てば響くような対応」「彼のよい返事は打てば響くようだ」などの肯定的な意味で使われることが多いです。

否定的な意味で使われることは少ない言葉であるため、ビジネスでも積極的に使うことが出来ます。

打てば響くの例文

今回、社長の下についた彼は、まさに打てば響くように事業計画を出してくるな。将来を委ねても問題ないかも知れん。
いいぞ、なにはなくともまず迅速な対応だ。そのためには打てば響くような返事を止めないことだ。意識向上にもつながるし、新人を引っ張る気持ちで今後もやってくれ。