千里の道も一歩からの意味とビジネスでの使い方

千里の道も一歩からの意味は、どんなに大きな目標やゴールであっても、一歩ずつ地道にコツコツと努力してその目標やゴールに向かっていくことが大切であるという意味です。

主にビジネスシーンでは、営業の成績の目標数値などに対して、上司の人が、目標達成に向けて、千里の道も一歩からというようにコツコツと頑張りましょう。

近道や楽をしようと考えていると、必ず失敗するので、最初からコツコツとやっていけば、いい結果が出ると思いますというように使われることが多いです。

また、社長などが自分の会社を今のように大きな会社にしたという時に、

「この会社がここまで大きくなったのは社員の皆さんの、千里の道も一歩からの精神が身を結んだ結果だと思います」

このように使われます。

とにかく、楽をしたり、手を抜いたり適当にやって、結果を出そうとすることよりも、一から、一歩ずつ前進するという心構えで仕事に臨むべきであるといことをあらわす言葉でしょう。

部下を叱るときにも、千里の道も一歩からというではないかというように部下をさとす時に使うこともあります。

千里の道も一歩からの例文

この修行を見事に達成するためには、千里の道も一歩からの精神が必須です。
千里の道も一歩からというように、近道や、裏技などを考えているよりも、目の前の課題を1つずつ確実にこなしていくことで、成功を掴むことができます。