ビジネスシーンにおいてとても重要な「クッション言葉」を知っていますか?
社会人において、相手とのコミュニケーションを円滑に進ませるためにも、相手を気遣う意味を持つ「クッション言葉」がとても重要になります。そこで今回はそんなクッション言葉の一つでもある「誠に勝手ながら」と類語を紹介していきます。

「誠に勝手ながら」の意味

「誠に勝手ながら」とは、自分の都合によって相手に手間を取らせてしまう時などに、相手にそれを伝える言い回しです。

誠に勝手ながら」の使い方

ビジネスメールでの使い方

「誠に勝手ながら」のビジネスメールでの使い方について紹介していきます。メールでは謝罪の気持ちなどの感情的な部分を伝えることは非常に難しいため、きちんと相手を敬うクッション言葉を入れることが大切です。

例えば、会社での催事などがある際に、なんらかの自主的な都合によってその催事を欠席することがあるとします。その場合には、ただ「予定があるのでお休みします」と伝えるのではなく、「誠に勝手ながら〇〇日の催事は欠席致します」と伝えた方が相手に柔らかい印象を与えます。

目上の方に頼み事する時にも使える

この「誠に勝手ながら」というのは、相手が上司である場合にも使うことができます。もし上司に依頼したいことがある際には、「誠に勝手なお願いではございますが〜」と使うことによって、へりくだった印象で依頼できます。

「誠に勝手ながら」の類語・言い換え表現

ビジネスマンに必要なのはボキャブラリーです。どの場面においても「誠に勝手ながら」という表現ばかりを使っていては、ビジネスマンとして恥ずかしいですよね。そこで「誠に勝手ながら」と同様な意味合いを持つ以下の表現もいくつか持ち合わせておきましょう。

・誠に恐れ入りますが〜
・お手数をお掛けいたしますが〜

「誠に勝手ながら」や類語の例文2つ

次は「誠に勝手ながら」を含めたクッション言葉の例文をいくつか紹介します。

・「誠に勝手ながら〇月〇日の打ち合わせは欠席いたします。」
・「お手数をお掛けいたしますが、〇日までにご返送いただけますと幸いでございます。」

「誠に勝手ながら」のまとめ

クッション言葉はなくても相手に意味は伝わりますが、クッション言葉を利用することによって、

  • 相手とのコミュニケーションを円滑に測ることができる
  • 相手へ柔らかい印象を与える
  • 相手に対して申し訳ないという気持ちを表現できる

という効果があるので、ぜひこれからの仕事に生かしてくださいね。