案ずるより産むが易しの意味

案ずるより産むが易し(あんずるよりうむがやすし)とは、心配していたよりも赤ちゃんを生むのは簡単であったという事を由来とすることわざです。

案ずるは心配する事を意味し、易し(やすし)は簡単であるを意味する言葉です。

上記の事から、案ずるより産むが易しとは、物事に取り組む前はなにかと心配していても、取り組んでみると心配していたほど難しいものではないという意味をあらわしています。

類語には、「案じるより芋汁(あんじるよりいもじる)」「案じるより団子汁(あんじるよりだんごじる)」「案じるより豆腐汁(あんじるよりとうふじる)」「 取り越し苦労(とりこしぐろう)」などがあります。

案ずるより産むが易しのビジネスシーンでの意味

案ずるより産むが易しというはビジネス用語ではありませんが、ビジネスシーンはチャレンジの連続です。

新しい場面に挑む度に心配していると、仕事がスムーズに進まない上に、ストレスで体を壊してしまいます。

油断しないように気を付けながらも、案ずるより産むが易しの精神で意欲的にビジネスに取り組む事が大切です。

案ずるより産むが易しの使い方と例文

リスクはあるけどやり始めなければなにも始まらない。 案ずるより産むが易しともいうし、事前準備は万全なのだからまずは始めてみるのが大事だ。
始める前は晴れの大舞台で失敗しないか心配で胸が張り裂けそうだったけれど、やり始めたら案ずるより産むが易しだった。