笑う門には福来たるの

「笑う門には福来たる(わらうかどにはふくきたる)」は、いつも笑い声の絶えない家には、自然に幸福がやってくるという意味のことわざです。

上記の事から転じて「笑う門には福来たる」は、悲しいことや辛いことがあっても、希望を失わずにいれば幸せがやってくるという励ましの意味もある言葉です。

「笑う門には福来たる」の類義語には、「和気財を生ず(わきざいをしょうず)」があり、英語には「Fortune come in by a merry gate.(幸運は陽気な門から入ってくる)」などがあります。

笑う門には福来たるのビジネスシーンでの意味

「笑う門には福来たる」という言葉はではありませんが、しばしばビジネスシーンで使われる表現です。

ビジネスにおいて、職場や場の雰囲気というものは重要です。

「笑う門には福来たる」にあらわされる明るい職場の雰囲気や人物の特徴は、ときとして仕事の成果を得るための成否や、仕事の進行速度、発想の豊さなどに大きく関わっています。

いつも笑いが絶えないような会社は、安定しており景気の悪さはありません。

辛い状況下であっても、いがみ合わず励まし合うような明るい社風であれば、自然とされていくことのたとえとして使用されます。

笑う門には福来たるの例文

「笑う門には福来たる」という言葉通り、事業内容は順調です。
こんなときほど「笑う門には福来たる」だよ。イライラせず明るくやっていこう!