周知徹底(しゅうちてってい)の意味

「周」は、広く隅々にまで及ぶという意味の「周く(あまねく)」という使い方をする漢字であるため、「周知」は、広く隅々にまで知らせるという意味の言葉です。

「徹底」は、隅々にまで行きとどくという意味の言葉です。

上記の事から周知徹底とは、全ての人にしっかりと知れわたらせるという意味の四字熟語です。

周知徹底は「周知徹底を図る」や「周知徹底をする」などの形で用いられますが、「周知徹底を徹底する」は重語表現であるため、使用する際には注意しましょう。

類語には、「公知(こうち)」などがあります。

周知徹底のビジネスシーンでの使い方

周知徹底は、情報を漏れなく全員に知らせる事を意味するため、ビジネスでは文章や集会・会議、会社の掲示物などあらゆる場面で「周知徹底事項」として使用されます。

スピーチの際にも、「これは周知徹底しなければいけない最重要事項である。」などという形で用いられます。

周知徹底の使い方と例文

飲用水を(略)天満川下流で汲み上げることのなきよう周知徹底させねばならぬ。
出典:有明夏夫「大浪速諸人往来」
万が一の怪我がないように、社内で安全対策の周知徹底を図る。
防災意識を高めて、周辺住民に避難場所を周知徹底させる。