クロージングの一般的な意味とは

クロージングは、閉じるという意味のクローズから派生した単語で、閉じようとしている最中の状態を指しています。

クロージングのビジネスシーンの意味

ビジネスの世界では、まさに物事を終える段階のことを意味していることになりますが、この言葉かよく使われる場面は、長らく進めていた商談が契約締結という最終段階のことを指していることです。
また、大型プロジェクトの完了や長引く会議を終えようとする時にも、クロージングを時々使うこともあります。
閉じようとする言葉の意味は、全ての動きを集約に向けて終えることにもなります。

クロージングの使い方と例文

「もうすぐお客さんの商品購入の稟議も決済されて、後は発注されるのを待つだけだ。でも、気を脱がず、しっかりとクロージングをしてくれ。」
「お問い合わせをもらった案件の見積もりを提示してから、結構時間が経つけど、もうそろそろクロージングするタイミングに来ているかな。」
このような会話が上司と部下、あるいはディーラーとの会話で当たり前のように使われています。
これは営業活動をしている中で、聞いたり使われたりする言葉です。
数ヶ月も推進し続けていた案件やプロジェクトが契約段階の最終フェーズに移ってきた時に使いますが、時には能動的に活動して、停滞していた案件を動かして成約に結びつけることもあります。
この時にも「こちらから積極的にクロージングに仕向けた。」ということにも使うことがあります。