アドバンテージの一般的な意味とは

アドバンテージは英語で「advantage」と書きます。
「長所」「利益」などと訳される場合もありますが、元々の意味は「前進する」という意味でした。

これが相手よりも先に進んでいるという意味に変化して「相手と比べて優位な点」というようなニュアンスを持つようになりました。

テニスなどのスポーツを見ていると、優位な部分を「アドバンテージがある」などと表現しています。
テニスでデュースの時に、1ポイントリードすることをアドバンテージと呼びます。

スポーツに限らず有利な点があることを「アドバンテージがある」と言うのは珍しくなくなってきたと思います。

アドバンテージのビジネスシーンの意味

アドバンテージはビジネスでだけ特別な使い方がされるような単語ではありませんが、メリット等の似た言葉と混同しないように注意しましょう。

アドバンテージと混同しやすい言葉にプロフィット、メリット、ベネフィットがあります。

アドバンテージというのは比較対象と比べた場合の有利な点です。

プロフィット(利益)、メリット(取柄)、ベネフィット(恩恵)と訳されるようにこれらは比較対象がなくても成り立つ言葉です。

ビジネスの世界では競合との差別化が大事ですのでアドバンテージを意識することは非常に大切です。

アドバンテージの使い方と例文

「競合に対するアドバンテージは価格だ」
「今日の試合ホームであることが日本のアドバンテージです」
「アドバンテージを活かして目標を達成しよう」