ストイックの一般的な意味とは

ストイックは英語のstoicの和訳になり、禁欲的で自分に厳しいことが本来の意味になります。
言葉の由来は禁欲主義や厳粛主義などキリスト教圏の思想を基にしています。

ストイックのビジネスシーンの意味

ストイックはビジネスの場で使用する場合に、働く人の仕事への厳しさを表現する時に使います。
あくまでも、ストイックと言われる方が自分自身に厳しいことを意味しますので、部下や同僚に厳しい方をストイックと表現することは誤りになります。

また、ストイックの意味を知らない相手には失礼に捉えられてしまうこともあります。
それはカタカナ言葉が、似た言葉や近い言葉など広い意味で受け取られてしまう特徴があるためです。

ストイックは自分自身に対する厳しさが本来の意味ですが、「無闇に熱心なこと」「熱血漢で空回りしている」
など度がすぎる意味合いも含んでいるからです。

ストイックの使い方と例文

ストイックを相手に使う場合は、できるだけ目上の方に直接使うのは避けましょう。

「Aさんはプレゼンの準備にはストイックに取り組むから安心できるよ」
こちらの場合は上司が部下に、あるいは同僚同士で直接相手の努力を褒める場面に使えます。
「御社の技術職の方はストイックですので発注元としても安心してお任せできますよ」
この場合には、取引先や目上の方に関係する第三者を褒めることで、間接的にその方を褒める場面で使えます。

あくまでも相手の考えや行動を評価する言葉ですので、同僚や後輩、他の第三者を褒める時に使うのが望ましいといえます。