ここでは、啓蒙活動の意味とはなにか、啓発活動との違いについて解説します。この記事を読むことで、啓蒙活動についてしっかり把握することが出来ます。

そもそも啓蒙活動(けいもうかつどう)とはなにか?

啓蒙活動の「啓」は、わからないことを教え導くという意味があり、「蒙」の字は、物知らずなことを意味する言葉です。

上記の事から啓蒙活動とは、ものを知らない人に正しい知識を与えて教え導く活動という意味の言葉です。

啓蒙活動の主な例

啓蒙活動で一番見かけるのが交通安全です。ルールを軽視して、自己中心的な解釈をするということがあるためです。交通安全の講習を開いたり、講演会で交通安全の大切さについて話したりすることによって啓蒙します。交通安全のビラ配りなども啓蒙活動の一つでしょう。

動物愛護も啓蒙活動です。飼えなくなったペットを捨てる事や、行政で犬猫が大量に殺処分されていることを知らないという人は少なくありません。動物の現実を伝え、動物を大切にしようと人々に声かけて回ることも啓蒙活動です。

ビジネスに関係のある啓蒙活動の例としては、コンプライアンス意識が浸透するように研修を行うというものがあげられます。現代でも日本では、自分たちの都合を優先してしまいがちで、コンプライアンス意識が低い会社が多いというのが現実です。

啓蒙活動の類語

教宣活動は教育や宣伝を行う活動のこと

教宣活動とは教育や宣伝を行う活動のことで、政党や組合などが行うものをさすことが多いです。団体の理念を広めるための活動であるため、啓蒙活動とは少し異なりますが、近いものがあります。

広報活動 宣伝活動 PR活動 キャンペーンは宣伝に関わる言葉

広報活動、宣伝活動、PR活動、キャンペーンは、宣伝に関わる用語で、自分たちのことや、なにかを広めたいときに使います。

交通安全キャンペーンという言葉があるように、啓蒙活動を兼ねているものもあります。啓蒙活動という言葉を使わない場合は、キャンペーンや広報活動という言葉を用いるとよいでしょう。

啓蒙活動の英語表現

啓蒙活動の英語表現は以下の通りです。

information campaign.
awareness program.

awarenessは気づくことや、知ることという意味があるため、気づくためのプログラムと伝えれば、啓蒙活動に通じることだと察することができます。

啓蒙活動と啓発活動の違い

啓蒙活動とよく似た言葉で啓発活動というものがありますが、意味は若干異なります。

啓蒙活動が、ものを知らない人に正しい知識を与えて、教え導く活動であるのに対して、啓発活動は、相手が気づいていないことを教えて、より高い理解に導く活動という意味があります。啓発は知識を伝えるというよりも、相手が気づいてレベルアップするように導くという意味があります。

啓蒙活動とはなにかについてのまとめ

  • 啓蒙活動は「ものを知らない人に正しい知識を与えて教え導く活動」という意味があります。
  • 啓蒙活動の類語は教宣活動、広報活動、宣伝活動、PR活動、キャンペーンなどです。
  • 啓蒙活動は英語では「information campaign」「awareness program」などといいます。
  • 啓蒙活動とよく似た言葉に啓発活動があります。啓発活動は、その人が気づいていないことを教え示して、より高い理解に導く活動という意味です。その人に知識を与えるというよりも、気づかせる、能動的に動いてもらうという意味があるという点で啓蒙活動と意味が異なります。