この記事では悼むについて解説をいたします。一端を担うの意味や由来、ビジネスシーンでの使い方を例文、英語表記などをまじえて解説します。

悼むの意味は人の死を嘆き悲しむこと

「悼む」は人の死を嘆き悲しむという意味で、特に故人や亡くなった人に対して使われる言葉です。

「悼む」の正しい使い方は、亡くなった人に対して使われる言葉であるため、入院やけがをした人に対しては使いません。

基本として、「亡くなる」や「死」という言葉とよく連動して使われます。

悼むを使った例文

突然の事故で亡くなってしまった親友を心から悼む。
とてもお世話になって、親しんでいた恩師の死を悼む。
私はかわいがってくれたおじいちゃんの死を悼んでいる。
災害で亡くなった方々を悼む。

悼むと悲しむの違いは使える範囲の広さ

悼むと悲しむの違いは、言葉の使われる範囲が広いかどうかです。「悲しむ」とは、人の死に対しても用いることができ、入院や、怪我、思い出など多岐にわたって使うことが出来ます。

「悼む」はあくまでも故人に対してのみ用いられるため、「悼む」と「悲しむ」の違いは言葉の使われる範囲が広いかどうかです。

「仲良くしていた彼女と急に別れて悲しかった。」ということが出来ますが、「仲良くしていた彼女と別れたことを悼む。」とはいうことが出来ません。

悼むの英語表現は「mourn」

悼むの英語表現は「mourn」です。自動詞でも他動詞でも使うことができ、近親者などとても親しい人に対して使われます。

「mourn」を使った例文は以下の通りです。

I am mourning for my grandfather.
私は祖父の死を悼んでいる。
She mourned her girlfriend because he died.
彼女は彼氏が亡くなったので悼んでいる。

悼むについてのまとめ

  • 「悼む」とは(いたむ)と読み、人の死を嘆き悲しむという意味を持っています。
  • 「悼む」の使い方は、故人に対してのみに使われる言葉であり、生きている人には使えません。
  • 「悼む」を英語表現にすると「mourn」となります。
  • 「悼む」の類義語は「悲しむ」「嘆く」があります。