アライアンスの一般的な意味は

アライアンスとは同盟や連合、提携というものです。一方、ビジネスシーンで使われる「アライアンス」は、異なる業種の企業が複数、提携するものを指します。この言葉が意味することは広く、アライアンスを結んでいるという言葉だけでは、具体的にどのような提携関係にあるのか(どのような業種でどのようにして相互に利益を得ているかなど)を理解することはできません。

また、ここで気を付けなければいけないのは、アライアンスを組んでいる関係は、下請けと元請けの関係とは違うことです。アライアンスを結んでいる企業は対等な関係とされます。下請けと元請けには上下関係があるのでこれらはアライアンスを結んでいるとはいいません。

アライアンスの使用例

具体的なこの言葉の使い方は、「この二つの企業はアライアンスを組んでいる」「この企業は自社の弱点をアライアンスを組むことで補っている」などです。