「スペック」の一般的な意味とは?

スペック(spec)とは、英語でspecification(スペシフィケーション)の省略形です。
辞書には「仕様」または「仕様書」とかかれています。
本来の使い方は、製品の仕様やそれを説明する文書を指す言葉です。

「スペック」のビジネスシーンでの意味とは?

前述した「仕様」という言葉から発展し、ビジネスシーンにおいては「モノ」だけに留まらず「ヒトの技術や能力」などを形容する言葉としても使われます。

発展して、技術や能力そのものを指す言葉として広い括りで用いられることもあるようです。

「スペック」の使い方と例文

「昨年発売した製品に比べ、様々な箇所で、スペックが向上しています。」
「彼女は英語のスペックが高いから海外のお客様の対応時には心強いよね!」
「あそこの制作チームはメンバーのスペックが高いから仕事が早い。」