アバンギャルドの一般的な意味とは

アバンギャルドという言葉の一般的な意味は、「前衛的な」「最先端の」です。

アバンギャルドは、フランス語の【avant-garde】からきており、もともとの意味は軍事用語で前衛部隊を意味しています。

第一次大戦前後にヨーロッパであった芸術革新運動をきっかけに軍事用語の意味から転じ、芸術などの分野で革新的な概念や先駆的な表現をすることや人をさすようになりました。

軍事用語であるため、アバンギャルドには挑戦的なニュアンスがあります。

最近、日本でも話題の芸術家である草間彌生は、1960年代には「前衛の女王」と呼ばれ、今でもアバンギャルドな芸術が評価されています。

美術だけでなく、書道や生け花などでもアバンギャルドと評される人がいます。ファッションの分野でも、アバンギャルドはよく使われる言葉でしょう。

ドイツのステッドラー社が販売するボールペン・シャープペン・蛍光ペンの多機能ペンに、「アバンギャルド」という商品名のものがあります。

ビジネスシーンでも、アバンギャルドは一般的な意味と同じように使われるでしょう。

アバンギャルドの使い方と例文

アバンギャルドには最先端の意味があると同時に、挑戦的な意味があると覚えておきましょう。

関連記事
「アバンギャルドなファッションセンスで、一気に人気モデルになった。」
「音楽構成が、アバンギャルドすぎて大ヒットにはならないだろう。」