アウトプットの一般的な意味とは

アウトプットとは「出力」を意味します。
この言葉を直訳すると「OUT=(外に)」と「PUT=(置く)」で「外に出す」という意味になります。
コンピューターでは、データを画面に表示したり、データを印刷して取り出することを表します。
インプット「入力」とはセットで用いられることが多く、切っても切り離せない関係にあります。

アウトプットのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンにおいてアウトプットは、「成果・実績」を意味します。
インプットで得た情報や知識をもとに、自ら発信することや行動することを指します。
勉強することはインプットとして捉えられ、アウトプットを行うためには大切なことですが、インプットよりもアウトプットが重要になってくるのが社会です。
学生はインプットする時期で、社会人はアウトプットする時期だともいえます。
交渉相手にプレゼンを行うことや、人前でスピーチすることはアウトプットに当たります。
ビジネスマンがよく使うキーワードであり、インプットした情報をアウトプットすることで実績に繋がりやすくなります。

アウトプットの使い方と例文

「ビジネスの社会においてインプットとアウトプットは重要な意味を持ちます。」
「インプットで蓄えた知識をもとにアウトプットすることで、人や企業は成長していきます。」
「インプットばかりしていても成長しません。インプットした知識をもとにアウトプットを心掛けましょう。」