心象風景(しんしょうふうけい)の意味

心象風景とは、現実ではない、心の中に浮かんだ架空の風景をさした四字熟語です。

優れた画家や作家の中には、心象風景の風景を作品として形にする人もいます。現実ではなく自身の中にある風景は、当人の知識や経験などに大きく左右されるものであるため、「内面がうかがえる」などといった形で用いることもあります。

心象風景のビジネスシーンでの使い方

心象風景をビジネスシーンで用いる場合は、芸術作品というよりも人間の内面を読み解く意味で盛り込まれることが多いです。

「今回の業務プランには、彼の心象風景がよくにじみ出ている。」「社長の今までの苦労、経験が詰まった今回の一大プロジェクトは、有意義なだけではなく心象風景の具現とすらいえる。」などという様に、仕事から見出せる内面に対して使うことが出来ます。

心象風景の例文

凄い仕事ぶりだ。まさか人の三倍もの量を一週間で仕上げてしまうとは。しかしそこまで全力を尽くしても、なかなか彼の心象風景が見えて来ないな。
ついにこの公園を作ることができた。かなり豪勢に手が入ったが、これは私の内面にある心象風景を再現したからだ。皆にも是非、楽しんでもらいたい。