切磋琢磨(せっさたくま)の意味

切磋琢磨とは、中国の古代思想家・孔子の著書の中に出てくる言葉です。もともとは細工師の卓越した技術と細工品の素晴らしさを称賛する言葉として生まれました。

切磋琢磨は、技量や経験が同じレベルの者同士が、相手を励まし合いながら技量を磨くことを意味する四字熟語です。

上司と部下など、明らかに能力が高い人と低い人の場合では、両社が同じことをしていたとしても切磋琢磨しているとはいえません。ほぼ同じ技量の相手同士に使用される言葉です。

切磋琢磨のビジネスシーンでの使い方

切磋琢磨はもともとビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

会社では、同期の社員同士が競い合っている様子をあらわす表現として用いられます。

切磋琢磨の例文

今年の新入社員は人数は少ないが、お互い切磋琢磨して向上心が高い。
あの街の中小企業は小さな会社ではあるが、お互いの会社同士が切磋琢磨してよい商品を作っている。
うちの双子の兄弟は切磋琢磨して勉強に励んでいる。