一心同体(いっしんどうたい)の

一心同体とは、二人以上の人たちが力を合わせ、まるで全体で一つであるかのような連携を見せることをあらわす四字です。

一心同体は以心伝心などの四字熟語とも近い意味がありますが、以心伝心が相手の意図を読めるといった意味で使われるのに対して、一心同体は、心が通じ合う者たち全員が事に臨む事を強くあらわします。

一心同体のビジネスシーンでの

一心同体はスポーツや団体行動の際にも非常によく用いられる言葉で、ビジネスの場合においてもとても使いやすい四字熟語です。

会社の業績が上がったときなどに「この成功は一心同体の活躍ができたからだ。」と使うこともできます。

ギクシャクした現場をいさめる際にも、「もっとチームのことを考えなくてはだめだ。以心伝心ではなく、一心同体のレベルにならなければ。」などといった形で活用することができます。

一心同体はプラスの意味で使えるだけでなく、個人を責めない形で叱咤激励することも出来ます。

一心同体の例文

彼らのチームはまさに一心同体といえるほどのチームワークだな。我々も是非見習いたいところだ。
勝負に負けた理由は明らかだ。我々は個々の能力は上だったがバラバラだった。しかし彼らは一心同体の境地に達し、完璧な意思疎通と実行をしていた。