一朝一夕(いっちょういっせき)の意味とは

一朝一夕は「非常に短い時間、わずかな時間」のことをあらわす言葉です。

使い方としては「一朝一夕にはいかない」などのように否定の言葉をともなうことが多く、短期間では成し遂げられないということを示す場合に使われます。

一朝一夕のビジネスシーンでの用法

仕事もそうですが、どんなことも簡単に、そしてすぐには成し遂げられません。
日頃からの準備や用意、そして諦めない気持ちがあってこそ、うまく物事は進み、大きなことも達成できるのです。

辛いときがあっても、それに耐えて諦めずにいればきっとうまくいきます。その強い覚悟をもって取り組むことが大事です。

ただし、うまく仕事がいかないことのいいわけにも使えてしまうので気を付けましょう。「どうせこれは一朝一夕にはいかないから、早くできなくても仕方がない」とか、「後回しにしよう」とか、甘えの言い訳になってしまう危険性があります。

冷静に仕事の難易度を判断して、常に少しずつでも前進し続けるという気概がなければ、この言葉は自分のためにはならないと思います。

一朝一夕の例文

これだけの大きな事業が、うまく回っていくには一朝一夕の努力では、とても済まされなかっただろう。
一朝一夕で人は成長することは難しい。日々、粘り強く取り組んでいく姿勢こそが必要なのだ。