勤倹力行(きんけんりょっこう・きんけんりっこう)の意味

勤倹とは、勤勉で倹約に努めることを意味し、力行とは、力のかぎり努力して物事に励むことを意味する言葉です。

上記の事から勤倹力行とは、倹約に励みつつ、何事にも精一杯力のかぎり努力をすることを意味する四字熟語です。

勤倹力行の類語には、重厚謹厳(じゅうこうきんげん)・ 精励恪勤(せいれいかっきん)・奮励努力(ふんれいどりょく)・勤倹尚武(きんけんしょうぶ)・謹厚慎重(きんこうしんちょう)などがあります。

勤倹力行のビジネスシーンでの使い方

勤倹力行はビジネス用語ではありませんが、全ての人にとって理想的な人物の姿をあらわす四字熟語です。

勤勉である事は、会社で働く社員自身はもちろん会社側にとっても利益です。無駄を減らして出費を抑える倹約も、社員自身や会社にとって大きなメリットのある行いでしょう。

ビジネスシーンでは勤倹力行をスピーチなどで使用する事で、理想的な社員である事を心がけるように促す事ができます。

勤倹力行の使い方と例文

勤倹力行もって今日の富をいたした堅気な男、(後略)
出典:徳富蘆花「思出の記」
勤倹力行を常に念頭に置くようにして、仕事に励み、倹約に努めましょう。
彼の先祖は、勤倹力行を実践する事で巨万の富を築いた。