なにげない会話や初対面の人との会話では、「趣味はなんですか?」と聞かれることがあります。

しかし、簡単な質問でも答えに詰まる人も少なくないでしょう。自分には趣味がないと思っている人は少なくありません。ここでは、そもそも趣味とはなにか、趣味のない人は本当に多いのか、趣味によい悪いはないことについてを解説します。

この記事を読むことで、明日から、「趣味はなんですか?」という質問の返答に悩まなくなります。

そもそも趣味とはなにか?

趣味は、なにも考えずに楽しめることであり、専門にしているのではなく愛好しているといってよいでしょう。

「趣味」というの意味には、物事の味わいを感じ取るというものも含まれます。

自分自身がなにに関して味わいを感じるか=楽しく感じるかをわかる能力がないと、趣味が見つけられないともいえます。

趣味のない人に多い特徴

一般的に、趣味とつぶしは違うといわれています。

趣味は、本人のモチベーションが高く、例えば忙しいときでもを作って趣味を楽しむでしょう。それに対して、暇つぶしはモチベーションゼロで、仕方がなくやっている状況が多く、積極的には楽しんでいない事が多いです。

趣味も暇つぶしも、なにかをやっていることには共通点があります。

暇つぶしはするけど「趣味がない」と答える人には、以下の特徴があります。

考えすぎて趣味がなくなる

趣味を探しているときに「無理」「難しい」などネガティブに考えてしまい、なかなか趣味を選択できないこともあるでしょう。

に楽しめるだけで趣味になるにもかからず、趣味という言葉の意味を難しく考えてしまっている人もいます。自分に自信がない、あるいはできない自分が許せないの人に多いのが、考えすぎて趣味を見つけられない人です。

チャレンジできないせいで趣味がみつからない

趣味を作らない人が感じる多くの理由の一つは、「時間がない」ということでしょう。

しかし、自分が楽しむためなら人は時間を作れるものです。時間を作ることにさえ、チャレンジできない趣味のない人も多いでしょう。やってみないとわからないことも多いですが、やる前から投げ出すと、なかなか趣味はできません。

行動力がないせいで趣味のない人になる

面倒などの理由で、趣味にチャレンジするのを後回しにするのも、趣味がない人の特徴です。

また、心に余裕がないときには、趣味を作る気になれないでしょう。他のことに気をとられていると、なかなか趣味に対しては行動力を発揮できません。

また、が嫌いな人にとっては、趣味で生活サイクルが変わるため、なかなか積極的に行動力は発揮できないでしょう。

他人の意見に流されて趣味のない人になる

趣味は、あくまでも自分が楽しむものです。

しかし、趣味を他人の趣味と比較してしまうと、自分のおもしろそうという気持ちを優先できずに、他人の意見に惑わされてしまうです。

また、プライドの高い人は、自分の趣味の作品などの成果を他人から評価されなければ、続けるモチベーションを持てない人もいるでしょう。

お金がなくて趣味を見つからないと思う

心に余裕がない事にもつながるお金がない状況では、なかなか趣味に手を出す気になれないでしょう。

しかし、趣味はお金がかかるものばかりではありません。部屋の掃除や節約生活のための家計を考えることなども、趣味として始めることもできます。

趣味によい悪いはない

趣味のない人には、アウトドアこそ趣味といえると思っているでしょう。

趣味は、インドアでもアウトドアでも関係ありません。一番のポイントは自分が楽しめるかということです。趣味によい悪いもなく、楽しいか楽しくないかだけを自分で判断します。

なにかを作ったりする趣味では、他人から評価される作品を作ることが趣味になるとは限りません、制作している過程を楽しめるなら、趣味にすることが出来るでしょう。

趣味がない人でも、スポーツを趣味にしてみたいと思うなら、フットサルやボルダリングがおすすめです。どちらもおしゃれな感じもあり、比較的はじめやすいスポーツです。

フットサルは、室内の狭い範囲で少ない人数で行うサッカーです。女性でもチャレンジしやすいスポーツのひとつでしょう。チームワークも大切なフットサルであるため、人数が少なく人でも集まりやすいながら、チームワークで満足感が高いです。

ボルダリングは、室内で行うロッククライミングといったところでしょう。壁に取り付けられたカラーの引っ掛かりを、決められた順にクリアなしながら登っていきます。どちらも、まずは見学するところから始めるとよいでしょう。

実用的な趣味としては、もよいでしょう。特に、料理の出来る男性はモテます。ヘルシーな料理を追求するのも、カレーなどひとつの料理を探求するのもよいでしょう。

料理を始めると、おいしい料理を食べに外出する機会が増えたり、遠くまで食材を買いに行きたくなったりと、作るだけの楽しみには収まらない趣味になります。

他にも、写真や読書、ペットを飼うことやでも、自分がとことん楽しめるなら趣味といえます。

趣味がない場合についてのまとめ

  • 趣味とは、何も考えずに楽しめることであり、専門にしているのではなく愛好しているといってよいでしょう。
  • 「趣味はない」という人も多いですが、一般的には暇つぶしはする人もいるため、モチベーションの違いといえます。趣味のない人は、趣味に対して考えすぎたり、趣味の時間を作ることにさえチャレンジできなかったり、やる前から投げ出しチャレンジができない人もいるでしょう。また、趣味を始める行動力がなかったり、他人の意見に流されて趣味を決められなかったりする人もいます。
  • 趣味は本人が楽しめることであるのが一番のポイントなので、いいも悪いもありません。
  • 簡単に趣味にできるスポーツには、人数が少なくてもチームワークを実感できるフットサルや、一人でもできるボルダリングなどが流行でもありおすすめです。インドアな趣味なら、つくることだけでなく食べること食材を揃えるなどもできる料理、写真や読書、ペットを飼うことやゲームなどもよいでしょう。