絢爛豪華(けんらんごうか)の

「絢爛」は目がくらむほどにまぶしくて美しいことで、「豪華」は贅沢で華やかなことという意味です。

上記の2つを合わせた絢爛豪華は、最大限に目がくらむほどにまぶしく、美しく、きらびやかな事をいいます。

また、「豪華絢爛」も同義語でにも差はありません。しかし一般的には「豪華絢爛」を使うことの方が現代の日本語としては多いでしょう。

「絢爛豪華」と「豪華絢爛」の対義語には「簡古素朴(かんこそぼく)」があります。

簡古素朴の意味は、余計な装飾、修飾がされておらず、昔ながらの素朴なことです。

「絢爛豪華」と「豪華絢爛」の類義語には、華麗奔放(かれいほんぽう)、荘厳華麗(そうごんかれい)、荘厳美麗(そうごんびれい)、綾羅綿繍(りょうらきんしゅう)などたくさんの熟語があげられるでしょう。

絢爛豪華に似た意味をあらわす英語には、splendid、glorious、resplendent、splendiferousなどが当てはまります。

絢爛豪華の使い方と例文

日本で最も絢爛豪華な建物は、日光東照宮ではないかと思います。
自分もいつかは、誌立身出世して、イタリア製の高級で、絢爛豪華なストライプのスーツを着てみたい。