未来永劫(みらいえいごう)の意味とは

未来永劫とは、これから未来にわたって続く、果てしなく長い年月のことです。簡単に言うと永遠のことです。

元々は仏教の用語で、「未来」とは将来のことで、「永劫」は想像できないほど長い時間のことをさしています。「未来」を足すことによって意味を強めた言葉となっています。

仏教では「永」は「よう」とも読むため、(みらいようごう)とも言います。「劫」の大元の意味は、前述の通り仏教の用語ですが、仏教発症のインドでの、時間を表す単位の一つです。

その中でももっとも長い単位のことで、時間が無限という意味があります。同じような意味の類義語としては、万劫末代(まんごうまつだい)や、未来永久(みらいえいきゅう)や、来来世世(らいらいせせ)などがあります。

未来永劫の成り立ちの話が以下のようなものです。

とてつもなく大きなな岩があり、その岩に鶴が近づいてきて羽根で岩を軽く払ったと言います。その後1000年してからまた鶴が現れて、再びその羽根を軽く払ったと言います。これを繰り返して、その岩がなくなってしまうまでの時間が「劫」だと言います。

未来永劫のビジネスシーンでの使い方

未来永劫をビジネスシーンで使う場面は少ないです。

会社の将来について話す場合などに用いることはできるでしょう。

未来永劫の例文と使い方

戦争という行為は人間という生物の未来永劫に変わらない本質なのだろうか。
今はアメリカは世界一の強国ですが、未来永劫それが続くとは限らない。