新学期の季節になると気になるのが進学祝いです。どのくらい、誰にあげれば失礼ないのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、大学の進学祝いは誰まで上げるか、お祝いの相場や、のし袋について、おすすめの進学祝いのプレゼントも解説します。

この記事を通して進学祝いについて知ることで、失礼がないように、祝い事をちゃんと祝ってあげることができます。

大学の進学祝いは誰まで

大学の進学祝いは、親しい間柄であれば、親族としての関係性に関わらずお祝いしてあげるのが普通でしょう。かならずこれといったルールはありませんが、基本的なマナーは存在します。進学祝いは親族間でお祝いすることだけに、誰までに贈るのかなどは重要でしょう。

親族でのマナーとしては、三親等以内の親族には贈るのが一般的とされています。3等身とは、孫、または甥と姪までのことをさしています。

大学の進学祝いの相場

次に気になるのが、お祝いの相場でしょう。親族間とはいえ、少なすぎても多すぎても失礼になりかねません。親しい間柄であれば、気持ちで決めてしまえる進学祝いの金額ですが、普段距離のある親族だと決めかねることもあるでしょう。

一般的には、大学は試験を受けて合格しなければ、進学を決められません。試験のない中学などよりも、がんばったねという気持ちをこめて金額は多めになります。

また、贈る相手がすでに大きくなっていることや入用な時期でもあること、贈る方もある程度年齢を重ねていることなどからも、相場の金額はお年玉などに比べて高いです。

だいたい、孫の進学祝いには3~10万円、甥や姪には1~3万円ほどが相場とされています。

また、品物にお祝い金を添えることも多く、その際には品物だけにしたり、品物に相場よりも少なめのお祝いを添えたりすることもあるでしょう。

基本的に進学祝いにはお祝い返しはないため、相場を参考に多すぎるお祝いで贈る相手のプレッシャーにならないようにしましょう。しかし、きまったルールはないため、親しい間柄なら基本的に金額は気持ちによります。

進学祝いののし袋

進学祝いはお年玉とは違い、れっきとしたお祝いです。しっかりとのし袋に入れて贈るのがマナーでしょう。

のし袋の水引には、2種類の結び方があります。「結び切り」などと呼ばれるほどけない結び方と、「蝶結び(花結び)」などといわれるほどけても何度でも結びなおせる結び方があります。

水引の結び方を選ぶときには、一度っきりだけのお祝いであるべきことには、ほどけない結び方にします。

進学祝いの場合には、何度あってもよいお祝いごとにあたるため、水引は「蝶結び(花結び)」にしましょう。

のし袋には、水引がプリントされたものと飾りがついているため、金額によって使い分けます。1万円ほどのお祝いならば、水引はのし袋にプリントされた簡易的なものにします。

1万円以上のお祝いなら、水引がついたしっかりしたのし袋を使っても恥ずかしくないでしょう。少ない金額に水引がついたのし袋では、袋だけが豪華でつり合いが取れなくなくなり恥ずかしい思いをすることになります。

また、水引のついたのし袋の折り方は、地域で違いがあります。

関東は「多当折」という上下を折り返すタイプ、関西は風呂敷包みのような「風呂敷折」タイプが一般的であるため、贈る相手がどこに住んでるかも意識して選ぶのがおすすめです。少額なら、水引がプリントされた「封筒型」で十分でしょう。

のし袋の表書きの言葉

のし袋の表書きは進学祝いでなく、「御入学祝」、「入学御祝」、「祝御入学」などと書きます。

また、大学なら試験に合格しているため、「合格御祝」、「祝合格」などとするのもよいでしょう。

進学祝いを渡すタイミング

進学祝いは、合格の連絡をもらったら、なるべく早く渡すのがよいでしょう。

遅くても入学式の1か月前、3月中には渡すようにしましょう。せっかくの進学祝いを進学の準備に役立ててもらえなくなったり、引越しを伴う進学では間に合わなくなってしまったりすることも考えられます。

進学祝いのプレゼント

進学祝いには、現金だけでなく品物をプレゼントするのもよいでしょう。プレゼントにするなら、難しい年ごろでもある新大学生であるため、本人の希望を聞くのが一番です。
大学生になれば、学業に関係のないものでもよいでしょう。

1万円以内のプレゼント

1万円以下の予算なら、自分では買わないブランドのボールペンもよいでしょう。男子ならべーシックなパーカーやおしゃれなラミー、女子にはアクセサリーのようなスワロフスキーやあこがれのブランドのひとつのティファニーなどがおすすめです。

男子におすすめ:【LAMY ラミー 4色 ボールペン 油性 2000 L401】

シンプルでスタイリッシュなラミー(LAMY)は、ドイツのブランドです。社会人になっても使えるデザインで、シーンを選ばない一品です。軽くて使いやすく、替え芯は購入しやすいジェットストリーム0.7mmが使えるため、長く愛用してもらえるでしょう。

女子におすすめ:【【名入れ】新モデル SWAROVSKI スワロフスキー クリスタルライン ボールペン ヴィンテージローズ】

女性らしい淡いカラーとスワロフスキーならではキラキラ感が素敵なボールペンは、名前を入れてもらえるお祝いによい一品です。飽きのこない定番デザインであるため、長く使えるお祝いの品になるでしょう。

3万円以内のプレゼント

3万円までの予算では、ブランドものの財布や腕時計がよいでしょう。女子で趣味がわかるのであれば、ブランドもののバッグやアクセサリーもおすすめです。

男子におすすめ:【ポールスミス Paul Smith 長財布 PSK869-10 (ブラック)】

おしゃれなアパレルブランドの長財布は、大学生でも持ちやすいデザインでしょう。ポールスミスらしいストライプが、ところどころでポイントになっています。札入れは2つに分かれていて、カード入れが12枚分あるため、中身を管理しやすいのもよいでしょう。

女子におすすめ:【(ケイトスペード) KATE SPADE バッグ ショルダーバッグ トートバッグ CLASSIC NYLON CATIE ナイロン コーティングレザー pxru5384 ブランド

OLにも人気のあるブランド「ケイトスペード」のバッグは、大学生にもおすすめのブランドです。通学に便利なサイズで、軽い素材でできているのが使いやすいでしょう。バッグの中もかわいらしいおすすめの一品です。

10万円以内のプレゼント

孫への進学祝いなら、男子なら通学にもプライベートにも使えるロードバイク、男子にも女子にも忙しい学生のスケジュール管理や勉強にも役にたつパソコンやタブレット、高級腕時計もよいでしょう。

ツールドフランスにも参戦していて、バイクが趣味の人なら知っているドイツのブランド「FELT」です。軽くて強度のあるアルミフレームのバイクであるため、通学はもちろん、休日の健康管理にも使えるでしょう。

女性には、自分では買いにくい高級腕時計も、大学生の進学祝いとしてよいでしょう。国産ブランドの腕時計は、充実の機能とデザインのよさで人気上昇中です。中でも、若い人に人気のシチズンのxCから、美しいカラーもおすすめの腕時計をおすすめします。

進学祝いについてのまとめ

  • 大学の進学祝いは、基本的には親族間でお祝いすることで、三親等以内の親族には贈るのが一般的とされています。
  • 親族間とはいえ、多すぎても少なすぎても失礼になることがあります。孫の進学祝いには3~10万円、甥や姪には1~3万円ほどが相場とされています。お祝いは気持ちの問題で、決まったルールはないため、親しい間柄ならそこまで気にすることはないでしょう。
  • 進学祝いはちゃんとしたお祝いであるため、のし袋に包んで渡します。進学祝いは何度あってもよいお祝い事なので、水引には「蝶結び(花結び)」などと呼ばれる何度もほどいて結べる結び方のものを使います。
  • 水引は、1万円ならのし袋にプリントされているもの、それ以上のお祝いでは水引がついているものにするのがよいでしょう。
  • また、のし袋は地域で包み方が違います。関東は「多当折」、関西は「風呂敷折」が一般的であるため、贈る相手が住んでいるところで選ぶのがおすすめです。
  • のし袋の表書きは、「御入学祝」、「入学御祝」、「祝御入学」「合格御祝」、「祝合格」などと書きます。進学祝いは、合格の連絡をもらったらなるべく早く渡すようにし、遅くても入学式の1か月前までには贈りましょう。
  • 進学祝いには、現金だけでなく品物をプレゼントするのもよいでしょう。プレゼントにする場合、本人の希望を聞くのが一番です。大学への進学祝いのプレゼントとしておすすめのものの金額別のご紹介を参考にしてください。