「ホウレンソウ」、「報告・連絡・相談」はビジネスの基本です。その中でも、「報告」は業務上でも行う機会が多いですが、報告をする際、正しい表現はできていますか?
ここでは、報告の正しい敬語表現についてお伝えします。

抑えておこう、「報告」の意味

報告とは「報せ告げる」と書きます。ビジネスでは、業務や任務をやり遂げた後に、経過や結果を知らせる事を指します。
なお報告をするのは、部下から上司へ、後輩から先輩への流れです。また、報告は完了した事項を知らせることで、義務でもあります。

「ご報告」と「ご連絡」との違いとは

「報告」と似た言葉に「連絡」があります。
ビジネスでは、連絡は簡単な情報を関係者に伝える事です。連絡する、とは自分の主観的な部分は入れず、ただ情報の内容のみを伝える事を指します。
そして、連絡は上司や部下に限らず、誰でも発信源になり、受信側にもなります。
また、報告が完了した事項であるのに対して、連絡は現在進行している事項を知らせます。

ビジネスマンは正しく「ご報告」しよう

ビジネス上で報告する際には「ご」を付けて使用します。
ちなみに、「お報告」は間違いです。「お」は訓読み言葉、「ご」は音読み言葉に使用する原則があります。音読み言葉である報告は「ご報告」と表現します。

「ご報告」をする状況とは

自分が上司、または先輩へ完了した事項を伝える時に「ご報告」をします。
同僚や部下、後輩などへは「報告」しません。また現在進行の事項に対しても「報告」しません。これらの場合は「連絡」をしましょう。

「ご報告」の正しい表現方法

報告をする時の相手は、常に自分の上司や先輩など目上の立場の人になります。その為、「報告+謙譲語」の表現が適切です。正しくは「ご報告をいたします」「ご報告させていただきます」です。
また、「ご報告いたします」は、「報告する」の謙譲語+「する」の謙譲語で二重敬語となっていますが、現在は慣習的に使用できるようになりました。正しくは「ご報告をいたします」ですが、「ご報告いたします」でも、現在は使用できる事も覚えておきましょう。

「取り急ぎご報告まで」を正しく使う上での3つのポイント

「取り急ぎ」とは、さしあたって、とりあえず急いて、の意味があります。
つまり、「取り急ぎご報告まで」は、「取りあえず急いでこの報告だけしておきます」との意味です。その為、本当に至急の要件の際に使用する言葉です。

お客様や取引先、距離のある上司や先輩には使わない

「取り急ぎご報告まで」を目上の人に使用するのは「取りあえずの報告」をする為、失礼に当たります。使用するのは、自分と親しい上司や先輩までにとどめておきましょう。
また、目上の人に使用する際には「取り急ぎ」を「まずは」に言い換えます。そして「ご報告まで」と略さず「ご報告申し上げます」などに言い換えます。「まずはご報告申し上げます」「まずはご報告のみにて失礼いたします」などが適切な表現です。

他の連絡事項は後で必ずする

取りあえずの報告をするので、必ず後で詳細の連絡をするようにしましょう。
その為、他の連絡事項を記載するのもNGです。「取り急ぎご報告まで、詳細は追ってご連絡いたします」と着けると良いでしょう。

ビジネスシーンやメールで使える「ご報告」の例文集

社内外問わず、目上の人への報告の時

〇〇の状況をご報告いたします。
調査が終了いたしましたので、結果をご報告いたします。

結婚や受賞などを、お世話になっている人へ報告する時

ここに、弊社製品の〇〇が、△△コンテストにて最優秀賞を受賞をいたしました事を、ここに謹んでご報告いたします。

近しい上司や先輩に対する、至急の報告をする時

メールにて失礼いたしますが、取り急ぎご報告まで。
詳細は追ってご連絡いたします。

取引先など、大切な方への至急の報告をする時

かねてより調査しておりました〇〇につきまして、結果が出ました事をまずはご報告申し上げます。
詳細につきましては、あらためて参上の上でご報告したいと存じます。

まとめ

何でも「取り急ぎご報告まで」と使用していた方も多いのではないでしょうか?正しい報告をする事は大切ですが、その報告をする際にも正しい表現を心がけましょう。