百折不撓(ひゃくせつふとう)の意味とは

百折不撓とは何度失敗したとしても決して信念を曲げずに諦めないことをいいます。

「百折」は何度も折れること、つまり繰り返し失敗をするという意味です。
「不撓」は決して曲がらないことです。

何度失敗をしたとしても決して曲がらない、つまり非常に意志が固いことをたとえた言葉で、決して諦めないことに重点を置いています。
似た意味の言葉に「不撓不屈」があります。

百折不撓のビジネスシーンでの用法

百折不撓にはビジネスシーン特有の特別な意味がありませんので、通常の用法と同様「何度失敗しても諦めない」という意味で用いることができます。

ビジネスシーンでは自分のやりたいことを一発で完璧にできることは稀です。大抵は何度もトライ&エラーを繰り返していき、失敗に失敗を重ねながら少しずつ成功に近づけていくものです。

仕事がうまくいかない同僚を励ます時や、失敗することに消極的な後輩を激励する時に使うことができます。
ただし、自分のやってしまった失敗をごまかすために使うと責任逃れのような印象を与えてしまうので、注意が必要です。

百折不撓の例文

「彼は何度失敗をしても腐らずに成功するまで仕事を続ける。まさに不撓不屈の人だ」
「不撓不屈をモットーに、今期も諦めずに営業を続けていこう」
「不撓不屈の精神を持った人は、一度や二度の失敗で仕事を投げ出したりしない」