人に対して自分のことをオープンにさらけ出す人と、その逆で仲がよいのに自分のことを全く話さない人がいます。後者のことを「秘密主義者」と呼ぶことがあります。

秘密主義の人は、徹底して自分のことを話さず、自分の考えも表に出さない傾向があります。

今回の記事では、秘密主義について以下のような点を中心に解説いたします。

  • 秘密主義とは
  • 秘密主義者の真理
  • 秘密主義の行動の特徴
  • 秘密主義者とうまく付き合うには

秘密主義の意味とは

物事を全て秘密にして他人に知らせないでおこうとする考え方のことを秘密主義といいます。

プライベートが見えなかったり、相手の感情が読み取りづらかったり、自分のことを全く話さなかったり、そのような人のことを秘密主義者と呼ぶことがあります。

自分のことをオープンにしないで、人と適度な距離を保とうとするため、中には付き合いづらいと感じる人もいるかもしれません。

秘密主義な人の心理

自意識過剰

自分のことを秘密にする裏側には、いつも自分が他人からどう思われているかが気になっているという心理があります。

普通、仲のよい友達同士や同僚の間で、自分の失敗談や恥ずかしい話、悲しい出来事などいろいろな話をするでしょう。

その時に、毎回、その話をすると自分がどういう評価を受けるかということを考えるでしょうか。仲の良い友達の間ならあまり考えないことが多いでしょう。

しかし、自意識過剰な人やプライドが高い人は、いくら仲の良い間柄でも自分の失敗談を話しません。話を聞いて、同調されたり、意見を言われたりすることがとても嫌いなので、自分からそういった話はしないのです。

自意識過剰な人は、どんなに仲がよい相手でも、他人と自分の間には一定の距離を保ちたがります。完璧主義であることも多く、自分の過ちや恥ずかしいことを極端に隠す傾向があります。

気をつけていても、つい話してしまうことがあるので、そういったことを避けるためにも自分のことを一切話さないのかもしれません。また、自分のことを分析されるのも嫌がります。

自意識過剰については以下の記事も参考にしてみてください。
自意識の意味と自意識過剰といわれやすい人の特徴を解説

人とは適度な距離を保ちたい

秘密主義の人は、人と適度な距離を保ちたいと常々思っています。その裏には、根本的に他人のことを信用していないと言う心理があります。

人は誰でも、初めて会った人や自分の苦手な人に、個人的な話をしようとは思いません。しかし、秘密主義の人はこのような考えが強く、どんなに親しい間柄でも一定の距離を保ちたがります。

人を信用していないため、自分の話したことが他の人に漏れてしまうのではないか、自分のいないところで陰口を叩かれるのではないか、といった過剰な心配をし、ますます人に自分の情報を話すことがなくなっていきます。

他人のことを信用していないため、相手についても深く知ろうとはしません。必要以上に他人のことに興味はありませんし、詮索しようとはしません。

自分が個人的なことを聞かれるのも嫌いますし、自分が聞くこともしません。

どんな人とも一定の距離を保ちながら付き合っているため、深い人間関係を築くのが苦手です。秘密主義の人は、そうすることで自分自身を守ろうとしているのかもしれません。

コンプレックスを持っている

秘密主義の人は、自分の個人的な情報をオープンにしたがりません。その理由の1つに、コンプレックスを持っているということが挙げられます。

コンプレックスも人によって異なりますが、外見だけでなく内面の場合もあります。話している相手より、自分の方が劣っていると思い込んで、コンプレックスを感じてしまうのです。

そうすると自分が話したことで相手がからかってくるのではないか、という不安がよぎるのです。

過去、実際にコンプレックスを感じる相手と話して、馬鹿にされたことがある人もいるかもしれません。その場合、もうそんな思いはしたくないという強い気持ちとトラウマから、自分のことを話さなくなってしまった人もいるでしょう。

人を信用していない

他人と一定の距離を保ちたい、と思うのは、人を信用していないことが大きな原因だと思われます。

昔、人に裏切られた経験があるかどうかは別として、人に裏切られるのではないかと言う思いが常に頭にあります。

そのため、危うく自分のことを話してしまうと、他の人に情報が漏れてしまうのではないかという心配もするのです。

人間不信については以下の記事も読むとより理解を深めることができます。
人間不信とはなにか 考えられる人間不信の原因と克服する方法

秘密主義の行動の特徴

秘密主義の人の行動にはいくつか特徴があります。

冷静沈着

秘密主義者の人は、自分で話していることだけではなく、自分の気持ちも読み取られたくないと思っています。そのため、できるだけポーカーフェイスを装い、喜怒哀楽の感情を出しません。

他人に弱みを握られてしまうかもしれないという恐怖、嬉しくて舞い上がっているときについ本音を話してしまう恐れがあるため、常に冷静沈着でようとします。

警戒心が強い

秘密主義者の多くは他人を信用していないため、特に初対面の人や知り合ってまだ日が浅い人に対してはとても警戒心を強めています。

自分の出身地や学歴など自分に関する事柄はほとんど話しません。家族や配偶者など本当にごくわずかな周りの人しか信用していないため、仲の良い間柄でも警戒をしている可能性はあります。

集団で群れない

秘密主義者は集団で群れるのを嫌います。人が多いとその分あれこれと詮索される可能性が高くなるからです。できるだけ人と関わりを持たず、ひとりでいる方が自分のことを話さなくて済むと考える人が多い傾向があります。

できるだけ、自分のことを知られたくないため、たくさんの人が集まる場所には行かないようにする人が多いでしょう。

人の話をよく聞く

秘密主義者は、会話の時聞き役に回ることが多いです。人は基本的に自分のことを話すのが好きなので、話した人がいれば話をさせてあげたほうが秘密主義者にとっては楽なのです。なぜなら自分のことを語らなくて済むからです。

自分の話をするのは苦手ですが、相手に話題を振ったり、いろいろなエピソードを聞き出したりするのは得意です。話が途切れないよう、警戒しながら、聞き役として相手の話に参加しています。

秘密主義の人とうまく付き合うには

相手の表情を観察する

秘密主義の人は基本的に喜怒哀楽を顔に出しません。相手も感情が読み取りにくいはずです。

しかし、嫌な顔を前面に出すこともあります。それは、秘密主義の人が聞かれたくないことを質問された時や返事に困り、曖昧にごまかしている時などです。

この表情や態度は明らかに嫌がっている証拠なので、相手がそのような顔したときには触れて欲しくない話題なんだなと読み取りましょう。

自分のことを話さない人だと割り切って付き合う

人が自分のことを話したら相手も自分のことを話してくれると思いがちです。しかし、秘密主義の人はそうではありません。聞き役にはなってくれますが、自分のことはあまり話しません。

相手も自分のことを話してくれると相手の心を開こうとしてもなかなか難しいかもしれません。そんな時は、「この人は自分のことを話さない性格なんだ」と割り切って考えてみると、付き合うのが楽になるでしょう。

話を否定しない

秘密主義の人は、完璧主義でプライドが高い人が多い傾向があります。人から馬鹿にされたくない、人に自分の弱みを見せたくないと言う思いが強いです。

もともと自分のことあまり語らない秘密主義の人が、たまに自分の話をしたときに相手の話を否定しないように気をつけましょう。

自分が否定したつもりがなくても、ちょっとしたことで敏感に「否定された」と受け取ることもしばしばあるので、秘密主義の人と話すときには相槌や返答等にも気を使う必要があります。

秘密主義の人が、「自分の話が否定された」と思ったら、次から自分の話を全くしなくなります。うまく付き合っていくには相手の話をいったん受け入れるということを他の人以上に気をつけなくてはなりません。

秘密主義の英語表現

secretive
物事を隠したがる人のことをsecretiveといいます。

He is a secretive person. He never talks about himself.
(彼は秘密主義者だ。決して自分のことについて話さない。)
He is very sensitive in regard to his family life.
(彼は自分の家庭生活に関してとても秘密主義だ。)

private

I’m a private person.
私はプライベート主義です。(=秘密主義者)

秘密主義に関するおさらい

秘密主義に関するおさらいはいかの通りとなります。

  • 秘密主義者はプライドが高く完璧主義な人が多い
  • 秘密主義者は人を信用しておらず、コンプレックスを持っている人が多い
  • 秘密主義の行動の特徴として、自分の話はなるべくしないために集団で行動することを嫌う
  • 秘密主義の人は話してる時、冷静沈着で警戒心が強い場合が多く、人との距離をとりたがる
  • 秘密主義者とうまく付き合うには、相手の微妙な表情の変化を逃さないようにし、相手を否定しないようにする