永久不変(えいきゅうふへん)の意味とは、

永久は果てしなく長い時間を意味し、不変は変わらないことを意味します。

これらの意味から永久不変はどれだけ時間がたっても変わらないことをさします。

同義語としては、永生、永存、本質、不滅、不動、不磨、絶対、などがあります。

永久不変のビジネスシーンでの用法

永久不変という言葉は元来ビジネス用語ではありませんが、ビジネスにおいて、会社としての信条や、個人における熱意や誠意、または商品の品質などを伝える言葉として使用することができます。

例えば、法人間の取引において、変わらない信用や付き合いは、大変重要になってきます。

また、個人として顧客に接するときに、安定した対応や誠意ある対応をすることで、より良好な接客が可能になります。さらに、自社製品に対する自信を伝えたい際にも、変わらぬ品質と言う意味を持たせることができます。

このように、永久不変という四字熟語は、様々なビジネスシーンにおいて利用することができます。

永久不変の使い方と例文

我が社と御社との関係を永久不変的なものとしたい
我が社の製品にかける情熱は、永久不変である
永久不変な信条の持ち主
学問は本質において永久不変のものではなく、進化し変化するものである
当たり前に存在する自然は、永久不変なものではない