忙中有閑(ぼうちゅうゆうかん)の意味とは

忙中有閑とは「どんなに忙しい中でも少しくらい一息つく暇はある」という事を意味する言葉です。

忙中有閑は訓読で忙中閑有り(ぼうちゅうかんあり)と読むこともあります。「忙中」は忙しい事をあらわし、「閑」は暇をあらわしています。

どんなに忙しくても暇を見つけて充足させようといった形で使われており、心に余裕があれば暇が取れるという事から「多忙な中でも心に余裕がある」という意味で使われることがあります。

忙理偸閑の類義語には、忙理偸閑(ぼうりとうかん)があります。

忙理偸閑のビジネスシーンでの意味

忙理偸閑はビジネス用語ではないため、一般的な場面と同じ意味で会話で使われます。

仕事が忙しい人が多いときに少しでも休息をとるように促したり、忙しさでやるべきことを見失わないように自分自身にいい聞かせるときに使用します。

特に部下の仕事が忙しいときに励ましたり、大変そうな仕事が来たときに自分を元気づけるために思い起こしたりと、忙しさの中でポジティブな姿勢にしたいときに使うことができるでしょう。

また、忙しい人ほど趣味や勉強に時間を費やしている人をあらわすこともできます。

忙理偸閑の例文

「新しい仕事が大変そうだけど、忙中有閑というから頑張ろう。」
「忙中有閑というから、忙しくても計画はしっかり立てよう。」
「中々忙しくて、忙中有閑とはいかないな。」
「忙しいけど、久しぶりに休暇が取れた。まさに忙中有閑とはこの事だ。」