邪知暴虐(じゃちぼうぎゃく)の意味とは

邪知とは、悪知恵や奸知という意味です。暴虐とは、理不尽に残酷な行為によって人に苦痛や苦しみを与えることや、その様子を意味します。

邪知暴虐とは、「悪知恵や奸知に頭がよく働く人物がその知恵を用いて、理不尽に残酷に人を苦しみを与えること」を意味します。

邪知は、悪知恵が働くという意味の「邪知深い」という言葉がよく用いられますが、類語として奸黠/姦黠(かんかつ)、狡猾、老獪、ずる賢い、悪賢い、などがあります。

暴虐は、類語として苛虐 、酷悪 、 惨忍、無情、無慈悲、悪逆非道、悪逆無道、陰惨、猛悪、刻薄 、 蛮行、などがあります。

邪知暴虐のビジネスシーンにおける意味

邪知暴虐という言葉はビジネス用語ではありませんし、基本的に日常生活でも用いる言葉ではありません。

万が一、自分の上司や取引先などビジネスシーンで自分の相対する相手が太宰治の大ファンであるというのであれば、邪知暴虐の人物とは正反対の人柄を持つ人物として相手を誉めるときに用いれば喜ばれることになるでしょう。

邪知暴虐の使い方と例文

必ず、かの 邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
出典:太宰治『走れメロス』
権力を持つ者は邪知暴虐な振る舞いをしてはいけない。
走れメロスの邪知暴虐の王とは正反対の人柄をしている。