ナンセンスの一般的な意味とは

「ナンセンス」の一般的な意味は、無意味なこと、ばかげていることなどです。

英語では【nonsense】と綴られ、【non】(無い)と【sense】(感性・美意識)と分解できます。

それゆえ、「ナンセンス」の意味は感性がない、美意識がないなどと誤解している人も多くいるでしょう。

文学の分野では、ナンセンス文学といわれるものがあります。

これは、意味のあるものと意味のないものを組み合わせて言葉を使う手法により、文学の論理やルールを破壊していくような文学のことをさしています。一般的には、詩に多く見られます。

ナンセンス文学には、意味を成さないユーモアがあるとされています。ナンセンス文学はイギリスに多くみられ、「不思議の国のアリス」や「鏡の国のアリス」などの児童文学がナンセンス文学の代表作とされます。

日本では、井上ひさしや筒井康孝の作品の一部などが、ナンセンス文学に分類されます。

文学において、ナンセンスとファンタジーは似ています。

しかし、不思議な登場人物やおかしな世界観などがあったとしても、ファンタジーでは理論的に語られいるのがナンセンス文学との違いでしょう。

ナンセンス文学には、説明がなく理解できない何かがあるからこそ、想像を膨らませて楽しめるものといえます。

ナンセンスのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでも、「ナンセンス」は一般的な意味と同じ使い方をされます。

ビジネスでの「ナンセンス」の意味の誤解は、語彙力がないように感じられるので注意しましょう。

ナンセンスの使い方と例文

「ナンセンス」は、無意味なこと、ばかげていることの意味で、センスがないという意味ではないのを理解しておきましょう。

「この資料はナンセンスで、資料としての役目を果たさない。」
「彼はいつもナンセンスなことを言って、その場を和ませてくれる。」