同じ職場の先輩でも、キャリアウーマンといわれる人とお局様といわれる人がいるでしょう。自分ではキャリアを積んで、いつかはキャリアウーマンと呼ばれたいと思っている人でも、キャリアウーマンがはっきりどういう人かわからないこともあるでしょう。

ここでは、キャリアウーマンとはなにか、特徴とキャリアウーマンの結婚条件、好かれるキャリアウーマンの特徴などを解説します。素敵な好かれるキャリアウーマンを今日からでも目指すことができます。

そもそもキャリアウーマンとはなにか?

キャリアウーマンとは、専門的な能力を活かして長く仕事に就いている人、また企業では管理職を目指す女性のことです。

キャリアウーマンは1970年代アメリカでのウーマンリブ運動が活発になったころから使われるようになった言葉で、日本では1980年代の男女雇用機会均等法が制定されたことからよく使われるようになった言葉です。

かつては実勢をあげても女性であることで昇進できないような職種もありましたが、今日では男性が多かった理系、エンジニアリング系職業でも活躍をしているキャリアウーマンもいます。

職場の女性先輩で長く働いている人でも、全員がキャリアウーマンとは呼ばれないでしょう。また、長く働いていないとしても、キャリアウーマンと呼ばれる人もいます。

女性の中にはお局様と呼ばれる人もいます。キャリアウーマンは能力がある、あるいは男性と同等に働いているイメージがあるのに対し、お局様という呼び方には、能力があるわけでもないのに長く勤めているということで偉そうにしている印象があります。

キャリアウーマンの特徴

仕事管理がうまいのがキャリアウーマンの特徴

キャリアウーマンは朝から仕事モードに入っていて、スケジュール通りに仕事を進める時間管理がうまい傾向にあります。

また仕事を進めるだけでなく周りとのコミュニケーションも忘れません。すきま時間には周りの人と雑談して場を和ませたり、後輩指導では優しさを発揮したりするなど人当たりがよいといわれることが多いです。

コミュニケーション能力が高いのも、キャリアウーマンの特徴です。

キャリアウーマンはプライベートの過ごし方もうまい

オンオフの切り替えがうまいキャリアウーマンが多く、オフを楽しんでいることが仕事モードへ入る上手さにつながっていることも多くあります。

またわかりやすいところでは、ファッションセンスもある人も多いのがキャリアウーマンで、仕事をこなしつつも、女性らしさを忘れない人が多いでしょう。

一般的にお局様と呼ばれる人には、独身の人が多い傾向にあります。一方でキャリアウーマンは、ワーキングマザーやワーママ(マーキングママ)といわれることもあり、結婚している人が多いのも特徴です。

仕事と家庭を両立する能力までもあるキャリアウーマンは周囲からはあこがれの対象です。また、結婚していないキャリアウーマンでも、プライベートも充実している雰囲気があり、お局様のような悲壮感を感じないという人も多くいます。

キャリアウーマンに適した結婚相手とは

結婚してもキャリアを大切としたいと思うなら、どんな相手と結婚するかも重要なポイントになるでしょう。

女性が働くことに理解がある事が結婚相手に必要

いざ結婚し家庭を持つとなる男性は、独身時代とは違う価値観を抱く人もいます。

女性には家庭を守ってほしいという、古風な考え方の男性も少なくありません。最近では終身雇用制度が崩壊してしまったため、共働きを希望する男性も多くいます。しかし妻のどういう働き方を前提に共働きと思っているのかをしっかり確認しましょう。

経済的な理由で働いてほしいと思うのと、妻がキャリアウーマンとして働くことに賛成・理解してくれる事は意味が大きく違います。

結婚相手にはお互いが自立していて尊敬できる関係が必要

男性によっては、結婚してから妻の年収の方が高くなると卑屈になる人もいます。また、家事の分担などを申し出てくれても、生活力が低くて手伝いとはいえないレベルの場合もあるでしょう。

女性のキャリアにもよりますが、必要な時には家事や子育てに協力してくれるような生活力とやさしさがある夫でなくては難しいこともあります。できれば、一人暮らしの経験があるなど生活力のある男性、そして優しさなど尊敬できるところがある男性がよいでしょう。

完璧な人間はいないため、相手にすべてを求めるのは無理があります。お互いに尊敬の気持ちがないと、協力し合うのはますます難しくなってしまうでしょう。

みんなから好かれるキャリアウーマンの特徴

人によっては、キャリアウーマンは仕事のできる人のことで、お局様ほど長く働いている意味ではないという人もいます。

仕事ができれば、20代前半でもキャリアウーマンと呼ばれる人もいます。年齢や勤続年数に関係なく、一般的にキャリアウーマンは、憧れになったり好かれたりする対象です。好かれるキャリアウーマンには、以下のような特徴があります。

キャリアウーマンは周りに気づかいができる

仕事ができるキャリアウーマンは個人だけの能力に頼っているわけではないでしょう。周りに気遣いができる、うまくチームプレイを活用できるからこそ仕事をうまく進められます。

はっきりとものをいうにしても、相手の気持ちはちゃんと考えて発言するやさしさや配慮が必要です。

男女関係なく明瞭簡潔なコミュニケーションが取れる

男女や上下関係などに関係なくコミュニケーションを上手に取れるのも好かれるキャリアウーマンの特徴です。職場の風通しをよくする明瞭完結なコミュニケーションは、仕事を進めるために重要でしょう。

キャリアウーマンは忙しくてもつかれている様子を見せない

好かれるキャリアウーマンは、忙しくてもつかれている様子が見られない人が多いでしょう。

キャリアウーマンはオン・オフの切り替えがうまいだけでなく、運動をしたり、食事に気をつけていたり、健康的な生活にも心配りをして心身ともに健康的に過ごしている人が多いです。

キャリアウーマンは精神的にも自立している

キャリアウーマンの経済的な自立がよく注目されますが、本当に好かれるキャリアウーマンは精神的にも自立している人が多い傾向にあります。

周りの人の悩みや相談を聞く余裕があると、周りにも頼りにされて好かれることになるでしょう。自身が自立しているからこそ、自立しているパートナーを見つける事ができ、キャリアと家庭を両立できる人が多いです。

キャリアウーマンについてのまとめ

  • キャリアウーマンは、一般的には専門的な能力を活かして、長く仕事に就いている人、また企業では管理職を目指す女性のことをさすこともあるでしょう。
  • 職場の女性の中には、お局様と呼ばれる人もおり、そう能力があるわけでもないのに、長く勤めているということで偉そうにしているイメージがキャリアウーマンとの違いです。
  • キャリアウーマンの特徴には、スケジュール通りにてきぱき仕事を進める、コミュニケーション能力が高いなど仕事面だけではないでしょう。
  • オンオフの切り替えがうまく、プライベートも充実しているのも、キャリアウーマンの特徴です。オフを楽しんでいることが、仕事面でプラスにつながっていることも多くあります。
  • また、キャリアウーマンは、家庭と仕事を両立している人も多い傾向にあります。キャリアウーマンの結婚に求める条件には、女性が働くことに理解がある、お互いが自立していて尊敬できる関係などが重要でしょう。
  • みんなから好かれるキャリアウーマンの特徴には、チームプレイが得意、男女関係なく明瞭簡潔なコミュニケーションが取れる、健康的、自立しているなどがあります。