自己憐憫という言葉は普段使わない言葉ですが、自己憐憫の意味する気持ちに、誰しも一度はなったことがあるでしょう。

自己憐憫について、ここでは以下の点を解説していきます。

この記事の内容
・自己憐憫の意味
・自己憐憫尺度とは
・自己憐憫の克服法

自己憐憫の読み方と意味

自己憐憫の読み方は「じこれんびん」で、意味は、自分に対して憐憫の情を抱くことです。

憐憫とは「可哀そう」に似た意味で、自己憐憫とは自分で自分をかわいそうだと思い、憐れむことです。

自己憐憫の研究は最近始まった

自己憐憫は、人間の心の状態を表す言葉です。しかしこれまで心理学であまり取り上げられてきませんでした。

近年になって、パーソナリティーの研究分野の一つとして、自己憐憫に焦点を当てた論文も出てきました。心理学で統計を取るにあたって、自己憐憫の尺度を定めたものが自己憐憫尺度です。

日本パーソナリティー心理学会によると、論文「青年期における自己憐憫の構造」の中で、自己憐憫とその尺度について論じられています。自己憐憫は日常的な場面でも生じるものであり、他者を意識した感情であることが証明されています。

現在では、自己憐憫の研究結果に基づいて、様々な分野で自己憐憫尺度を用いたテストが行われています。

出典:「青年期における自己憐憫の構造」(所蔵 国会図書館)

自分を不幸な人間だと思うのは自己憐憫の特徴

自己憐憫には「自分はなんて不幸なんだろう」「なんで自分ばっかり…」「自分はなんて哀れな人間なんだ」などという気持ちがあります。

自分ばかりが哀れであると思ってしまう理由は、自分ばかりに目が向いていることが理由の一つです。過剰に自分のことがかわいそうだと思ったり、被害者のような気分になったりすることも自己憐憫の一種です。

人間不信である事も自己憐憫の特徴

あまり他人のことを信用できない人は、自己憐憫におちいっている可能性があります。

自己憐憫が強い人の中には、仲のよい友達も、長年一緒にいるパートナーでさえも心から信用することができないという人もいます。

相手は軽い冗談のつもりでも、自己憐憫におちいりやすい人は一つ一つの言葉に過剰に反応していしまい、傷つきやすくなっています。ささいなことで「自分を傷つける人」として相手を見てしまうことで、身近な相手も信用できなくなってしまいます。

自己憐憫になる人の特徴

ナルシストは自己憐憫になりやすい

外から見てナルシストとわかる場合と内面がとてもナルシストの場合があります。しかし自己憐憫になる人の特徴としてはどちらも当てはまることが多いです。ナルシストな人は自分にとても興味があり、人のことよりも自分の内面に敏感です。

ナルシストな人は、惨めな思いをしたときに、自己憐憫になりやすい傾向があります。「自分はなんてかわいそうなんだ」「そんなかわいそうな自分を人はどうして見てくれないのだろう」「誰か自分の味方をしてくれ」という思いが潜在意識の中にあることが多いです。

トラウマがあると自己憐憫になりやすい

幼い頃に心に負った傷が、大人になっても癒されていないせいで自己憐憫に陥りやすい人もいます。

例えば、いじめられた、両親が過剰に厳しかった、褒められた経験があまりない、人に騙されたことがある、などが理由としてあげられます。あまり他人のことを信用できないため、自己防衛機能が働きやすく、自分の内面に敏感です。

自己憐憫の克服方法

自己憐憫に浸っている人は、悲しい出来事や目の前にある問題に向き合ったり対処したりせず、悲しい状況に対して自分のことを哀れんでいる傾向があります。他人に気に留めてもらいたいという思いが先に来てしまうため、なかなか解決しない場合も多いでしょう。

自己憐憫を克服したいと思っている人は、小さなことでも実際に自分の目の前で起こっている問題を解決してみましょう。

ネガティブな思考の連鎖を繰り返すのは、脳の思考の癖だといわれています。いつもならこう考えるけれど、今回はあえて逆のことを考えよう、と自分で思考の軌道修正を行ってみることが大切です。

自分では解決策がどうしても思い付かないという人は、周りの人に意見を求めてみるのもよいでしょう。自分の思いを頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してみることが大切です。自分が悩んでいる問題点にきちんと焦点が当てられれば、問題の核心に向き合うことができます。

問題が解決すれば、脳が解決に至った思考の経路を記憶するため、その後は少しずつポジティブなことを考えられるようになります。この状況を繰り返していくことで、自己憐憫から抜け出すことができるでしょう。

しかし性格ではなく環境のせいで、本当にかわいそうな目に合てしまっている人もいるでしょう。転職を考えている場合は一度転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較
マイナビエージェント 転職活動のはじめ方

自己憐憫についてのまとめ

  • 自己憐憫とは、自分で自分のことをかわいそうだとあわれむこと
  • 自己憐憫かどうかを測定できる自己憐憫尺度というものがあり、様々な場面で応用されている
  • 自己憐憫の人は自分を不幸な人間だと思ったり、人間不信になっていたり、という傾向がある
  • ナルシストだったり、過去にトラウマとなるような出来事を経験した人が自己憐憫に陥りやすい
  • 自己憐憫を克服するには、問題解決をしたというポジティブな思考回路をつくるとよい
転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。 まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

MIIDAS

キャリトレ

しっかりサポートタイプ

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はMIIDASキャリトレがおすすめです。

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

MIIDAS

キャリトレもサイト上の登録が5分ですみ、こちらもスカウト待ちができるものです。

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

キャリトレ

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。特に年収750万円以上でさらに上を目指したい方は手厚いサービスをうけることができるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。 簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA