リーンの一般的な意味

カタカナ語のリーンは、【lean】という英語からきている言葉で、一般的な意味も英語に近いものばかりです。

リーンの意味は、痩せていることや脂肪のないこと、また無駄がないことやひきしまっていることというのも使われるでしょう。

脂肪の少ない赤身のお肉は、「リーンなお肉」といわれます。また、貧弱さや乏しさを意味することもあります。日常生活でリーンが使われるのは限定的ですが、ビジネスシーンでは比較的使われる言葉です。

リーンのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンで使われるリーンは、英語で頻繫に使われるときの意味に近いでしょう。英語のリーンは、傾いている、もたれかかるなどの意味があります。

経営や生産の現場では、ビジネス用語の「リーン生産方式」や「リーン開発」という言葉が使われます。1980年代にアメリカ・マサチューセッツ工科大学で研究された日本の自動差産業の生産方式のことをさしており、特に、徹底的に生産過程の無駄を省いたトヨタ生産方式のことを意味しています。無駄がないさまから、リーンのもともとの意味である脂肪がない=贅肉がないという意味で名づけられています。

また、リーン生産方式から派生し、「リーン・スタートアップ」というマネジメント手法もあります。起業や新規事業などの立ち上げのときに、思い込みや情熱から無駄な時間や労力などを使わないという方法論です。

リーンの使い方と例文

リーンには基本的な意味として「無駄がない」、「かたむく」があると覚えておくとよいでしょう。

リーンを使った例文
「ダイエット中でも、リーンなお肉なら食べてもよいでしょう。」
「リーン生産方式の導入で、アメリカの自動車産業も復活した。」

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら さとふるはこちら