仕事大好きというと凄く良いイメージがある反面、家庭を省みずに突き進むイメージがありますよね。
もちろん一部の人はそうでしょうが、多くの仕事が大好きな人は決して仕事だけに興味があるわけではありません。

ここでは、仕事大好きな人がどのような考えで仕事をしていて、その他にどんな事を大切にしているのかについて解説していきます。

仕事が大好きな人とは

「仕事大好き」とは、文字通り仕事が大好きな人の事を指します。人生の中で趣味、家族、政治など様々な要素が絡んできますがその中でも仕事という部分に重きを置いて生活をしている人種の方です。

こう聞くと、中には「家族を省みずに仕事だけに明け暮れる人」というイメージを持たれる方もいるかと思います。しかし、実際は多くの仕事が大好きな人は趣味やプライベートの活動にも精力的に活動しています。

仕事大好きの人たちの思考は基本的に、「好きな事をやる」という場合がほとんどです。つまり、仕事自体がもちろん好きなのですが、どちらかと言えば好きな事を突き詰めていった結果、仕事になり、ますます好きになっていったというケースが多いからです。

分かりやすいのがプロ野球選手や、大学教授です。一見正反対に思えるこの職業ですが、プロ野球選手はとにかくバットを振ったり、ボールを投げたり、野球というスポーツを通して自分の存在意義を見出せることが楽しくてたまらないのに対して、大学教授は自分の好きな分野の研究をひたすらに行い、それを誰よりも突き詰める事に熱中しています。共に、熱中してやりこまなければとてもではないですがなれない職業ですが、当の本人たちは楽しい事をやっているだけでしょう。

 

仕事が大好きな人の類語・似た性格

「仕事大好き」の”仕事を愛している”というニュアンスで使えるような類義語としては、「三度の飯より仕事が好き」「仕事狂」「仕事バカ」などがあります。いずれも仕事が好きという人に対して使われる言葉ですので良いニュアンスで利用されることがほとんどです。

仕事大好き”と”仕事しかない”の違い

仕事が楽しくてしょうがないという人がいる中で似たようなイメージを持たれる人種が仕事しかないという人です。このタイプの人は趣味や家庭生活において特に楽しみがなく、仕事が好きでたまらないというよりかは自分の居場所が仕事にしかないというタイプの人です。

仕事しかないタイプの人は自分の居場所が仕事だけになるので、必然的に仕事で上手くいかなければ人生の全てが上手くいかないという事と同義になってしまいます。また、家族などにも興味がないためだんだんと家庭における立場も危うくなってきます。そんな状態が続けば当然、ますます仕事だけに向かうようになりますが、ある種被害者のような気持ちになってきて「自分は仕事でしか存在感を示せない寂しい人間だ」と自己嫌悪に陥る事もしばしばあります。

つまり、「仕事大好き」な人と「仕事しかない」人の大きな違いはその人の周りの人が幸せそうに生活をしているかどうかでハッキリと見分ける事が出来ます。

仕事が大好きな人の特徴:前向き

仕事大好きな人は基本的に好きな事をやっているので、常に思考が前向きです。そのため、周りの人たちも必然的に前向きになっていきます。前向きだからこそどうやったら良くなるかを考える、良く考えるからまた良い結果が出る好循環ができるでしょう。

そして前向きな姿勢は仕事のうえだけでなく、普段の生活においても発揮されるため、周りに影響を与え暗い人がいなくなることにもつながります。

仕事が大好きな人の特徴:あきらめない

大好きな事をやっているので、困難が立ちふさがったとしても「この先に乗り越えたらどんな未来が待っているのか楽しみ」という事を考えるようになり、決してあきらめる事がありません。

あきらめないというよりは「あきらめなくない」という感覚に近いかもしれません。仕事が大好きな人は好きな事をただひたすらにやっているだけで「止まれ」と言われても止まる事はないでしょう。

 

仕事が大好きな人の特徴:絶対に攻め

よく仕事が出来ない人の事を指示待ち人間などと揶揄する事がありますが、この「仕事大好き」な人たちは絶対に指示待ちになる事はありません。

当然、上司からの指示に従わなければいけない場面は出てきますが、絶対に待ちの状態で口をあけている事はないでしょう。むしろ、自分で次の仕事を考えて作り出すくらいの勢いがあります。そのため、「仕事大好き」な人を部下に持った上司は非常に楽です。なぜなら自分で考えてドンドン仕事を進めてくれるので逐一指示をしなくても前に進み、分からないところがあれば進んで聞きに来てくれるからです。

仕事が大好きな人の特徴:周りの仲間を大切にする

仕事が大好きな人は同僚に対して仲間意識を強く持ちます。人は不思議なもので自分が好きなものを好きな人を嫌いにはなれません。特に「仕事大好き」な人にとっては仕事は人生におけるとても大切な要素の1つです。そんな仕事を一緒にやれる仲間は彼にとって宝物のようなものです。そのため、自然と周りに対するふるまいも優しいものとなり、優しくされた同僚は当然その人を大切に扱うので相乗効果でお互いによけいに大切にするようになります。