ピッチの一般的な意味とは

ピッチとは、英語のpitchからきている言葉で、使われるシーンで意味がさまざまあります。
もっとも一般的な意味は、同じことを同じ間隔で繰り返して行う場合のスピードや回転のことを意味するでしょう。たとえば、急ピッチまたはハイピッチとすると、同じことを繰り返すスピードが速いことを意味します。

野球でいう「ピッチ」は、ピッチャーが球を投げることをさし、ワイルドピッチなどとも使われます。また、野球だけではなく、ホッケーなどのスポーツにおいて、ラインで囲まれた競技をするスペースのことを「ピッチ」といいます。

音楽では、音の高さを「ピッチ」と表現します。話すピッチといわれることもあり、この場合には声の高低のことをさしています。

ピッチのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンで使われる「ピッチ」は、もっとも一般的なスピードや回転のことを意味することも多いでしょう。

ビジネス独特の意味としては、金融機関やコンサルティング会社などが顧客への売り込みに使うプレゼン資料のことを「ピッチ」ということがあります。

また、製造業などであれば、プロペラやねじが一回転したときに進む距離を「ピッチ」といったり、歯車の歯と歯の間の長さのことを指してたりすることもあります。

ピッチの使い方と例文

ピッチは、一般的な意味の他、使われるシーンによって、専門用語としての意味もあるので、前後の文脈を考えて理解しましょう。

ピッチを保って走れば、完走できるでしょう。
仕事のピッチを上げないと、納期に間に合わなくなる。