フランクの意味とは

フランクとは、英語の【frank】と同じで「率直な」や「遠慮のない」、「隠し立てのない」、「さっくばらん」や「気さくな」などがあります。主に、対人関係に対して使われることが多いでしょう。
また、外国人の名字としてのフランク(Franck)もあります。ベルギーの音楽家「セザール・フランク」やドイツの物理学者「ジェイムス・フランク」などを略して、「フランク」とのみすることもあります。
名字だけでなく、フランス語圏や英語圏では男性の名前としても多く使われます。スイスの時計メーカーの「フランク・ミューラー」は、創業した時計師の名前です。

英語の「フランク」は、古代西ヨーロッパの部族の名前からきています。
気取らない部族なだけでなく、勇敢で強い部族としても有名だったので、現在の「フランク」の意味につながっています。また、男性の名前としても「フランク」が広く使われるには、同じ理由があるのでしょう。

フランクのビジネスシーンでの意味

「フランク」は、ビジネスシーンでもよく使われます。また、英語の【frank】は、会話の中で「率直に話すと」や「正直になると」の意味で、【to be frank with you】と文頭に使われることがよくあります。

フランクの使い方と例文

日常でもビジネスでも、「率直な」の意味合いで使うことができます。

彼はフランクな人だから、付き合いやすい。

 

フランクなチームなので、仕事がスムーズに進む。