この記事では「リフレイン」について解説いたします。何となく見聞きしたことはあっても、その意味やについてはよく分からないという人もいるかもしれません。

そこでこの記事では「リフレイン」の意味や使い方、リピートとの違いや表現なども交えてピックアップしました。それでは一つずつ確認していきましょう。

リフレインの意味は繰り返すこと


「リフレイン」は、日常生活で頻繫に使う言葉ではありません。しかし音楽に関連する話のときには使うこともあるでしょう。音楽の「リフレイン」は、”メロディーや歌詞を繰り返すこと”をさしています。

「リフレイン」は、【refrain】の英語読みで「リフレーン」と表記されることもあります。また【refrain】をフランス語読みすると「ルフラン」となり、「リフレイン」と同じ意味で使われます。

「ルフラン」は、曲名やアーティストのアルバム名などに使われることが多い言葉で、会話などでは“メロディーや歌詞を繰り返すこと”を表現したい場合、「リフレイン」とするほうが一般的でしょう。

「リフレイン」される歌詞やメロディーは、一節・一句の最後を何度も繰り返される場合がほとんどです。繰り返しの節や句は、畳句(じょうく)などといわれます。

リフレインの使い方や例文


この項目では、リフレインの使い方を例文に解説を添えてご紹介します。具体的な例を確認することで、より言葉の使い方をイメージしやすくなることでしょう。

今年大ヒットしたあの曲のメロディーが、頭の中でずっとリフレインしている。

大ヒットした曲の中には、メロディーが人々の記憶や耳に強く残るというケースが少なからずあります。この例でも、今年大ヒットしたその曲のメロディーが特徴的で、頭の中でずっと繰り返されているということです。

仕事で失敗してしまった時の記憶がリフレインしてしまって、休日や休み時間でも気が休まらなくなった。

先述のように、記憶やシーンなどもリフレインされることがあります。今回の例だと、仕事で失敗したという痛烈な記憶が記憶に残り、休日や休み時間でもそのシーンが繰り返されるようになってしまったということです。

時間ができるとついついネガティブなことを思い出したり考えたりしてしまうという人は、予定をぎっしり入れたり何かに没頭したりして余計なことを考えないようにすると良いかもしれません。

「リフレイン」と「リピート」の違いとは?


リフレインとは似た言葉として「リピート」を思い浮かべる人は多いでしょう。「リピート」はリフレインと同様に「繰り返す」という意味です。

ただし音楽用語として使う場合、リフレインは楽曲の各節の最後の部分と繰り返す場所を限定しているのに対し、リピートはどの音節でも繰り返すことができます。したがって音楽用語においては、リフレインの方が制限されている言葉だといえるでしょう。

また音楽用語としてではなく一般的な用語として使う場合は意味の違いはほとんどありません。どちらも「繰り返す」という意味で使われ、使われるシーンも特に制限などがない言葉です。

ただリフレインよりもリピートの方が幅広い場面で使われているため、馴染みが深くて言葉の意味や使い方が理解しやすいという人が多いかもしれません。

リフレインの英語表現


リフレインの英語表現は、その語源にもなっている「refrain」が適当でしょう。「refrain」は「控える」や「慎む」といった意味の動詞です。

もう少し細かく説明すると、「refrain」には「ある行動や欲望を一時的に抑える」というニュアンスがあります。同じような意味を持つ単語に「abstain」がありますが、abstainは自分に有害なことを強い意志で慎むことです。

また「refrain from 〜」で「〜を控える」という意味になり、例えば「refrain from com-ment」は「コメントを控える」のような意味があります。その他の使い方は、次のようなものが考えられるでしょう。

Please refrain from smoking here.(ここは禁煙です。)

上記の例文は、直訳すると「ここでは喫煙を控えてください」ですが、意訳して「ここでは禁煙です」としています。昨今では禁煙となっているエリアや施設などが増えてきているので、こういった表記を見る機会も多くなっているかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

  • リフレインは「繰り返す」という意味で、一般的な用語としてだけではなく音楽用語としても使われる
  • 音楽用語として使う場合、リフレインは楽曲の各節の最後の部分と繰り返す場所を限定しているのに対し、リピートはどの音節でも繰り返すことができる
  • リフレインの英語表現は、その語源にもなっている「refrain」が適当