リフレインの意味は繰り返すこと

「リフレイン」は、日常生活で頻繫に使う言葉ではありません。しかし音楽に関連する話のときには使うこともあるでしょう。音楽用語の「リフレイン」は、”メロディーや歌詞を繰り返すこと”をさしています。

「リフレイン」は、【refrain】の英語読みで「リフレーン」と表記されることもあります。また【refrain】をフランス語読みすると「ルフラン」となり、「リフレイン」と同じ意味で使われます。

「ルフラン」は、曲名やアーティストのアルバム名などに使われることが多い言葉で、会話などでは“メロディーや歌詞を繰り返すこと”を表現したい場合、「リフレイン」とするほうが一般的でしょう。

「リフレイン」される歌詞やメロディーは、一節・一句の最後を何度も繰り返される場合がほとんどです。繰り返しの節や句は、畳句(じょうく)などといわれます。

リフレインのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーン、あるいは日常生活でも「リフレイン」が、単純に「繰り返し」の意味で使われることがあります。

「リフレイン」されるものとして代表的なのは、「記憶」や「シーン」などでしょう。「記憶がリフレインする」というと、何度も記憶がよみがえることを意味します。

リフレインを例文

「リフレイン」の音楽用語としての使い方と、ビジネスシーン以外での使い方は、代表的な表現で覚えておくと参考になるでしょう。

関連記事
「この曲のメロディーのリフレインが、全体の印象を決めている。」
「事故のシーンがリフレインして辛い。」