ビジネス上、取引先とのやり取りで、相手の反応を見ることが多々あります。目上の方や取引相手から、連絡がほしい場合や音沙汰がない場合に、どのような連絡をしたら失礼に当たらないのか、ご紹介します。

「ご一報」の意味と使う場合

「ご一報」の意味は「簡単に知らせること」「簡単な報告」です。取引先に、見積書や企画書を提出した後、反応が見たいとき、「どういう反応か教えて下さい」という意味で送ります。また、スケジュール調整でメールをだした後、相手が読んだのかわからない場合、「既読確認」や「返信下さい」という意味でも使います。

「ご一報ください」は正しい敬語か

「ご一報」は、名詞の「一報」に「ご」をつけた「丁寧語」および「謙譲語」になります。
謙譲語とは、自分がへりくだることによって、相手をあげることになる言葉です。その後ろに、つける言葉によってよりへりくだった言い方になります。「ください」よりも、「くださいますようお願いいたします」と依頼を丁寧にすることで、やわらかい印象になるでしょう。

また、「ご一報」の前に、「大変申し訳ございませんが」や「大変恐縮ですが」などの文言を入れると、より丁寧で相手に失礼のない連絡方法になるでしょう。そして、急いでいる場合は、いつまでにとはっきり期限を入れると更に分かりやすいでしょう。

「ご一報」を使った例文

ご一報下さいますようお願いいたします。
メールをご覧になられたら、ご一報いただけますでしょうか。
ご多忙とは存じておりますが、ご一報お待ちしております。
大変恐縮ですが、明日までにご一報いただけないでしょうか。
お手すきの際でかまいませんので、できれば今週の金曜日までにご一報いただけると幸いです。

ご一報くださいときた場合 返信は電話かメール

通常、「ご一報ください」と来る場合は、メールで連絡が来ると思います。その場合は、メールで返信しても問題ありません。ただ、メールは忙しいビジネスシーンで使う「略式」です。返信や確認を急ぐ場合、メールで書くよりも話したほうが早い、または理解しやすい場合、メールより電話で連絡することをおススメします。また、記録に残したくないことも電話のほうがよいでしょう。

「ご一報」「ご一報ください」にかわる言葉

ご一報のほかには、「連絡」「知らせ」「返事」「意見」などが使われます。これらも同じように「反応を教えて下さい」「既読確認させて下さい」といった依頼と同じ意味で使われます。

また、単なる既読確認だけでなく、先日送った案件について「適切に処理をして下さい」という意味では、「善処」「対応」という類義語もあります。

ご一報の類義語を使った例文

連絡の例文

まことに恐縮ですが、明日までにご連絡下さいますようお願いいたします。
大変お忙しい中申し訳ございませんが、今週の木曜日までにご連絡いただけますでしょうか。

お知らせの例文

お手すきの際、お知らせ下さいますようお願いいたします。
大変申し訳ございませんが、近日中にお知らせいただけましたら幸いです。

返事の例文

なるべく早いお返事をお待ちしておりまのす。
まことに厚かましいお願いですが、お返事をいただければ幸いです。

意見の例文

お電話でもかまいませんので、ご意見をお聞かせ願えませんでしょうか。
今後の参考として、ご意見をいただけたら幸いでございます。

善処の例文

ご善処いただきたくお願い申し上げます。
お忙しい中大変申し訳ございませんが、できる限り早いご善処をお願い申し上げます。

対応の例文

至急お調べの上、最善の対応をお願いいたします。
先日の案件につきまして、早急な対応をお願い申し上げまず。

関連するおすすめ記事

「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集
角が立たないビジネスメールでの催促の仕方